本当にそう思っているの?

f:id:tureture30:20190613064547j:image

 

「おっしゃる通りです」

デキる営業ほど多用する言葉、


確かに言われると気持ちがいいもの、

自分が場にふさわしい話題を提供した気になれる。


営業ではないが、

私もたまに使っている。


打ち合わせの場は、

よほどの手練を除いて、

皆が不安を抱えて臨むもの、


だから、

誰もが「共感」を欲しているのだ。


そんなときに有効なテクニック、

自分が相手の「共感者」になってあげること、


だけれどもあくまでもテクニック、


「本当にそう思っているの?」


まあ、全く見当外れなことには使わない。


だけれども、

その半分は下心、


自分が場で有利な立場になるため、

自分の意見に賛同してもらいやすくするために、

それを用いる。


そうやって、

小さなところでも人を食い物にしているのだ。


愚かで浅ましい。


婚活では女性をたらしこんで、

仕事でも人の不安につけ込んで、


なんともまあ、

「誠実」とは程遠い。


そろそろ掲げた「誠実」という看板を、

下ろさなければいけないかもしれない。


確かに私は「誠実」に見えるのだろうけれども、

実際はただの「人でなし」だ。


素直に真っ直ぐに、

ただただ愛を注ぐことができる。

そして、私の空っぽの器を愛で満たしてくれる。


そんな人と時を重ねたい。


でないと、

どんどん自分が嫌いになってしまうから、


「そのままでいいよ」って、

いつだってそう言ってもらえないと、

自分の価値を信じられない。


テクニックばかりを駆使して、

人を道具のように動かして、

ほとほと愛想が尽きる。


たまらなく不安なのだ。


私って、

誰かの役に立っているのかな。


そして、

誰かを幸せにできるのかな。