痛みを受け入れていく

f:id:tureture30:20190614065647j:image

 

顔を合わせるだけでも、

胸が締め付けられるようだ。


「ギュっと」


ハグでもしてくれるならば、

心は安らぐのだろうけれど、

締め付けられるのだ。


「愛されない」


その不安が強すぎて、

些細なことにも痛みを感じてしまう。


「ギュっと」


自分の心に嘘をつくたびに、

まるで心がそれを訴えかけるかのように、


「ギュっと」


心を締め付ける。


その痛みを何度も経験していると、

身構えるようになる。


「また痛みが来るな」って、

身構えるようになる。


そうやって少しずつ、

「ギュっと」が怖くなくなってくる。


また「ギュっと」しているなって、

当たり前のようになる。


「痛みを受け入れていく」


それってそういうことなのかもしれない。

痛みから逃げないこと、

痛みを自然なものとして捉えること、


そうすると、

体は反応しても、

心は反応しなくなる。


心が反応しなくなれば、

そのうち体も反応することを忘れてくれるはず、


まだそこまでは行かないけれども、

また「ギュっと」しているな、


そうやって、

今日も痛みをやり過ごす。


やるべきことをやるのだ。

それだけは蔑ろにしてはいけない。


誰のせいでもない。

今の自分の環境は自分で作ったもの、


人のせいにしたところで、

虚しさが残るだけ、