手に入らないから認められない

f:id:tureture30:20190621233413j:image

 

器の小さい男、

それは私のこと、

 

「顔を合わせるたびに惨めになる」

手に入らないから認められない。


自分の価値を下げないために、

後悔していることを認めたくないのだ。


そもそも「手に入らない」

その表現自体がおかしい。

女性をモノのように見ている。


どんなに誠実ぶっても、

私の中から出た言葉、


所詮はその程度の男、

器が小さすぎて絶望する。


妙にハードルが上がってしまった。


素敵な相手を求めるならば、

自分がその相手から選ばれるように、

魅力的にならなければならない。


素敵な相手と時を重ねたいならば、

相手が「時」を差し出したいと思う、

そんな魅力を提供しなければならない。


私の手元には何があるだろう。


優しさか、

誠実さか、

何に対してもそこそこ話ができる話題の豊富さか。


そんなものではないな。

差し出せるものは「覚悟」


相手のことを思う気持ち、

それを惜しみなく伝えること、


出し惜しみなんてしないで、

言葉でも態度でもいい。


「真剣にあなたのことを愛したい」


そういう覚悟、


それを差し出せなかったから、

何度もチャンスを逃して、

そのたびに苦しんで自尊感情は地に落ちた。


これからは、

「好きかも」って思ったら、

しっかりと「覚悟」を伝えること、


「好きかも」って思ったら、

大抵は、もう恋に落ちているのだから、


今日から3連戦、

デート、合コン、デート、


ここで決めたい。

しっかりと「覚悟」を差し出して、