誰かの役に立つことで救われる

f:id:tureture30:20190623084900j:image

 

どうしようもなく不安なとき、

自分の価値を信じられないとき、


「ありがとう」


誰かの一言に救われる。


そんなつもりはなくても、

誰かの命をつなぐ言葉、


だから、

世の中が「ありがとう」で満たされればいい。


言葉にすることは恥ずかしいけれど、

その一言が誰かを救うかもしれない。


そう考えたら、

恥ずかしがる必要なんてないでしょ。


「好き」や「愛してる」は特別な言葉、

むやみに使ってはいけないもの、


だけれども、

「ありがとう」はどんどん使えばいい。


気が付かないだけで、

使える機会はたくさんあるはず、


何気ない気遣いに、

「ありがとう」


心配してくれて、

「ありがとう」


生まれてきてくれて、

「ありがとう」


相手が人でなくてもいい。

出来事や物、自然に対しても、

「ありがとう」


嬉しい気持ちになったとき、

楽しい気持ちになったとき、


そんな気持ちにしてくれて、

「ありがとう」


人の揚げ足ばかり取ろうとして身構えている。

そんな人なんてほっておいて、


「ありがとう」を言う機会はないかと身構える。

「ありがとう」が言いたくて言いたくて仕方がない。


そんな人ばかりの世の中になれば、

傷つけ合うことなんてだいぶ減って、

傷ついたとしてもすぐに誰かが救ってくれて、


「自分の価値を信じられなくなる」


そんな痛みなんて、

「なにそれ、美味しいの?」って、

この世から忘れ去られてしまうのかもしれない。


信じられないから認めて欲しがる。

だからそのために誰かを傷つけることを厭わない。


みんながみんなを認めてあげれば、

誰かを傷つける必要なんてないのに、


「ありがとう」って、

魔法の言葉、