人に頼るということ

f:id:tureture30:20190624065300j:image

 

私は人に頼ることが苦手だ。

いや、苦手だった。


だけれども3年前に、

「自分の力だけではどうしようもないことがある」


そんな経験を経て、

今では何でも頼るようになった。


「何でも頼る」というと聞こえが悪い。


具体的にするとこんなところだろうか。


・人のほうが効率良くできて自分がやる必要のないもの

・自分が手一杯でやる余裕のないもの

・自分にはできないもの


「手放すこと」


人はそれを過剰に恐れるけれど、

手放したほうが幸せになれることはたくさんある。


「何でもできるようになりたい」


そう思っていた時期はあったけれど、

そんな必要はまったくない。


「苦労」をシェアすることは、

「喜び」をシェアすること、


そうやって「信頼」が生まれる。


「あなたにお願いします」ってことは、

「あなたのことを信頼していますよ」ってこと、


例外はあるかもしれないけれど、

概ねそういうこと、


それって、

相手にとっても嬉しいこと、


だからそうやって、

信頼の輪を広げていけばいい。


だけれども気をつけなければならない。


大事なことは、

自分が「人として魅力的である」ってこと、

そういう振る舞いを常日頃しているということ、


そうじゃないと、

誰も協力したいとは思わない。


だから、

「魅力ある人間」

それを目指した生き方をしている。


誰かの居場所を奪ったところで、

どこかで必ず行き詰まるのだから、


何が魅力かって?

それは自分で考えないといけない。