今の気持ちを書き留める以上に大事なことはない

f:id:tureture30:20190626065839j:image

 

一昨日のことが起こるまでは、

ストックしている記事の投稿順を考えて、

違う記事を投稿しようと思っていたけれど、

そんなことはどうでもいい。


今の気持ちを書き留める以上に、

大事なことはない。


「私と世界との関わり方」


それが大きく変わる可能性を秘めた出来事、


世界の見え方が変わる。

それも一瞬で、


まだこの気持ちの正体はわからないけれども、

あの子のことばかりを考えている。


風のように去って行った。

大変なものを奪って、


「それは私の心です」

「ルパン逮捕だー!」


名作『カリオストロの城

そんなワンシーンが頭をよぎる。


思えば彼女とは映画の話で繋がった。

私の好きな映画を彼女も好きで、

私の印象に残っていた映画を彼女が最近見ていて、


そんな彼女と映画を観に行くことになりそう。

あちらからの提案で、

 

これまでのお試しとは違って、

立派な「おデート」というやつだ。


最低限はするけれども、

うまくエスコートなんて考える必要はない。

一緒にいるだけで楽しく過ごせそうだから、


まだ病気のことは話していないし、

聞きたいこともたくさんある。


先のことはわからないけれども、

私はとても「会いたい」と思っている。

そして日に日に思いを募らせている。


「辛い思いはもうたくさん」


そうやって予防線を張りたがる、

そんな気持ちをを押しのけて、

ただただ思いは募る。


傷つくことなんて恐れなくていい。

 

そんなことはそうなってから考えて、

今はこの気持ちに満たされて、

日常に彩りを添えるのだ。


難しいことはわからない。

先のことはわからない。


だけれども、

「会いたい」と思う。

その気持ちは確かなもの、


我思う、ゆえに我あり

ではないけれど、


これほど確かなものって、

世の中に一体どれだけあるだろう。


手を振りながら別れた、

その瞬間から、

次に会える瞬間まで想いを馳せる。


その時間もまた味わい難いもの、

今はじっくりと楽しむことにしよう。