「性」を飛び越えて

f:id:tureture30:20190705222227j:image

 

少し「婚活」にお熱なものだから、

色々な女性と話をする機会を得ている。


その中で感じたこと、


ある人は、

「私は男の人が嫌い。

だけれども家族の大切さを感じた出来事があって、

だから婚活を始めた」


そう言っていた。

 

仕事は充実していて、

生活には何不自由ないみたい。

 

「家族の大切さ」

 

ごく当たり前に感じる言葉だけれども、

他人ならば男と女でないと「家族」にはなれない。

そういう認識があるから出た言葉、

 

何も嫌いな生き物と一緒になる必要なんてないだろうに、


合コンに参加していた、

ある友達同士の女性二人は、

その帰り道に手をつなぎながら歩いていた。


仲が良くてしょっちゅう二人で遊んで、

旅行にもよく行くらしい。


二人で談笑する姿は、

とても満たされているように見えた。


「二人で結婚するのが一番いいんじゃない?」


そう思うほどに、

二人の世界ができあがっていた。


だけれども、

彼女たちは「男」と結婚をしたいらしい。

二人でいることに満たされている様子なのに、


なんだか「女性」というものに多く触れてみて、

我々は「性」というものにこだわりすぎているように思った。


もちろん私も含めて、


今が満たされているのに、

無理して異性を求めすぎている。


「お年頃だから」

「子供のことがあるから」


そうやって、

好きになろうと努力しながら、

好きでもない相手と一緒になろうとして、

 

「結婚することが目的」

そうなっては本末転倒なんじゃないかな。


「男」と「女」は別の生き物だから、

考え方も違えば、体の仕組みも違う。

共感できないことは多いし、

性差からどうにもならないこともある。

 

理性的に考えれば同性よりも好きになれる確率など低いはず、


男女の「好き」は、

本能からくるもの、


種を保存するために、

脳は性行為に快楽を付与するらしい。


それと同じように、

脳が異性に対して「好き」と指令を出す。


「恋」の正体って、

そういうものなのかもしれない。


だけれども、

違う生き物同士でも、

どうしようもなく気が合う相手はいるもの、


一緒にいて心地良い。

それこそ「性」を飛び越えて、

いっしょに時を重ねたいと思う人、


そういう相手に巡り合うために、

いろいろな人と出会いを重ねるのだろう。


なにも「婚活」が目的ではない。


同性でも異性でも関係なく、

いっしょに「時」を重ねたい人が周りにたくさんいる。


そういう人生って素敵なもの、


わざわざ「性」という制約をつけて、

人生の目的に「結婚」というものを掲げすぎるから、

だからどこにもいけなくなって苦しくなる。


「充実した人生を過ごすため」


そう思うならば、

「結婚」よりも優先すべきことってたくさんある。


「社会から求められるミッションをこれまで私はこなしてきた。

だから「結婚」というミッションだってこなせるはず、

こなせない自分を許せない。」


そんなに息を巻いたって、

「結婚」はゴールではないよ。

その先のことはどう考えているのかな。


心の底から時を重ねたいと思う相手ならば、

社会の制度に縛られる必要はなくて、

誰に気兼ねすることもなく、

時を重ねればいいんじゃないかな。


なんだかそう思った。


断っておくけれど、

私は「女好きの男」

 

それに男女の結婚に対する憧れが強い。

だから婚活をしている。

 

少なくとも今のところは、


それも「女性」というものを覆う、

神秘のベールが剥がれたときに、

私の心がどう変わるかはわからないけれど、


少なくとも今のところは、

「社会の基準」というものに沿って、

本能が働いているみたい。


ただそれだけのこと、

なんだか「性」に対する見方が冷めてきた。


今はただ、

思いを寄せる人と過ごす、

その日に思いを馳せる。


まだまだ先、

早く会いたい。

 

これも脳からの指令に過ぎないのかな。

「性」を飛び越えているかどうかはわからない。

それでも別にいいか。

 

たまらなく会いたいのだから、