「むずかしい」という便利な言葉

f:id:tureture30:20190710064136j:image

 

「正義」に絶対はないものだから、

善悪の判断に困るトピックスに直面すると、

人は「むずかしい」という言葉を使う。


「むずかしい」

判断が難しいということ、


「むずかしい」

難解で理解が及ばないということ、


そうやって断定しないこともまた、

思いやりの形でもある。

 

なんらかの判断をする時に、

中間に近い場所にあるとしても、

自分の善悪はどちらかに寄っているはず、


それを断定してしまうと、

自分とは違う意見の人を傷つける恐れがあるから、


「むずかしい」

どうしても譲れないことを除いては、

たいていその言葉で物事を収める。


そうするとたいてい相手も、

「むずかしい」に同調する。


そうやって持ちつ持たれつして、

軋轢を減らして生きやすい環境を作るのだ。

過剰な自意識に支配されていない限りは、


だけれども、

自尊感情が地に落ちて、

そんな思いやりすら考えられなくなってしまったら、

さあ大変、


自分の存在価値を示すために、

何にでも反対して、

難癖つけて、

周りの迷惑など顧みないで、


少し考えればわかることなのに、

間違えた持論を振りかざして、

理論破綻を指摘されたら逆上して、


口では言われなくても、

誰もが思っているよ。


「関わりたくないな」って、


いくら自分の価値を信じられないからって、

人から認めてもらいたいからって、

誰かを食い物にするようになったらもう終わり、


自分を認めてあげることって、

「むずかしい」こと、

 

自分を認めすぎないこともまた、

「むずかしい」こと、


そうやって、

「むずかしい」という言葉を使って、

落とし所を曖昧にする。


「むずかしい」って、

便利な言葉、