幸せと不安は同居するもの

f:id:tureture30:20190718062940j:image

 

「好き」と思える人と出会えたから、

幸せで満ち溢れているはずなのに、

それと同時に去来する感情、


「不安」


ずっと一緒にいられるのかな?

ずっと支え合っていけるのかな?

環境が変わることになっても大丈夫かな?


どんなに幸せに包まれていても、

人は不安になりたがる生き物、


傷つくことが怖いから、

予防線を張るのだ。


先のことばかりに目を向けていると、

今の幸せを噛みしめることができない。


一緒にいると楽しいはずなのに、

それと同時に将来への不安に思いを馳せる。


先のことも大事だけれども、

人生なんて思いもよらないことが起こるもの、


あまりそこにばかりこだわっても仕方ないし、

相手にも「不安」を移してしまうよ。


だから「楽しい」って、

会っているときは心から「楽しい」って、

今を楽しむことだけに目を向ければいい。


「不安」から逃れるすべはないけれど、

自分の心をごまかして、

「楽しい」で「不安」を隠してしまえばいい。


そうしたらショウタイム、


二人は舞台の真ん中で、

二人だけの時間を演出する。


いくつになったって、

プリンスとプリンセス、


「お手をどうぞ、プリンセス」


なんて言いながら、

手を引いて夢の国に逃げ込めばいい。


二人の時間は二人だけのもの、

今はまだそれでいいはず、


好きな相手が目の前にいるのに、

見えない将来ばかりに思いを馳せて、

「不安」ばかりに目を向けて、

楽しむことを忘れてはいけない。


もう少し先でいいはず、


舞い上がる気持ちを抑える必要なんてない。


「楽しい時間を共有すること」


それを忘れてしまったら、

一緒になってもただの同居人、


「好き」の気持ちは一時的かもしれない。


だからそれが燃えているうちに、

たくさんの思い出を作って、

将来の礎を築こう。


二人の間に壁ができてしまっても、

その「思い出」が壁を壊す道具となってくれる。


道具は多いほうがいい。


ハンマーだけでは心もとないな。


どんな壁でも壊せるように、

戦車やミサイルなんかも準備しておきたい。


「二人の原点」


そういうものを築くことができれば、

何があっても二人で乗り越えていけるはず、


「好き」が燃えているとき、

その時が一番相手のことが輝いて見えるとき、


中島美嘉『一番綺麗な私を』

「一番綺麗な私を抱いたのはあなたでしょう」


今がそういうときなのだ。


だから目の前の彼女との思い出を、

楽しい思い出を、

一つでも多く作りたい。