頭の中が忙しい人

f:id:tureture30:20190721062903j:image

 

ある種の発達障害的な要素なのかもしれない。

それと同時に才能と言えるものなのかもしれない。


常にあれこれ考えを巡らせて、

先のことやら過去のこと、

シュミレートしたり掘り起こしたり、


感情は目まぐるしく移り変わり、

それをコントロールするにも一苦労、


私はおそらくこの気がある。

何でもさらけ出しあった親友と呼べる友人もこれ、


夜になると、

いろいろなことがグルグルと頭の中を巡るから、

「不安」や「怒り」といった感情が幅を利かせる。


うまく呼吸を整えて、

それらを飼いならしながら、

長い夜を越える日もある。


もともとぐっすりと眠れるタイプだった。

眠れないなんて考えたこともないくらいに、


こうなったのは3年前のパニック障害からだ。


自律神経が馬鹿になってしまったから、

夜中に突然目が覚めるし、

体が重くて辛い時期がある。

ちょうど今はそんな感じ、


不便な体と引き換えに、

色々なものが見えるようになった。


凝り固まった価値観に執着して、

どんどん心を硬直させていた。


その凝りをほぐして、

柔軟に物事を見られるようになった。

些細な変化に目が向くようになり、

女子力は無駄に高まった。


村上春樹『ダンスダンスダンス』


「誰よりもうまくステップを間違えずに、

とにかく踊り続けなければならない」


生きづらい体になったから、

生きやすい心を手に入れる。


そうやって少しずつ前に進んできた。


だけれども、

「不安」や「怒り」に支配される夜は辛い。

自分のことを嫌いになってしまう。


メタ認知できているはずなのに、

なかなか負の感情は収まってくれない。


私の中で、

「不安」や「怒り」を手放したくないのかもしれないな。


「自我」では手放したくて仕方がない。

だけれども「無意識」が手放してくれないのだ。


「夢」は無意識の表層、


だから夜中に目が覚めて、

たまらなく心が落ち着かなくなる。


いくらそれらしい理屈をつけても、

心では許せない。


根本的な意味で、

心を成長させてあげるしかない。


どんなに誠実を装っても、

紳士的に振る舞っても、

心は醜いのだ。


なかなかそれを変えることは難しい。


だけれども向き合って、

少しでも変えようって努力して、

理想の自分に近づくこと、


それが「人生」ってものなんじゃないかな。


「不安」や「怒り」が簡単に消えてしまったら、

薄っぺらい人間になる。


だから「無意識」は、

「不安」や「怒り」を手放してくれないのかも、


河合隼雄さんの言葉だったかと思う。

精神疾患が治りにくいって才能があるってこと」


自分を納得させることができない。

理想が高いから、


手放したほうが楽だけれど、

自分に満足できないから、

手放すことができない。


「不安」や「怒り」だって同じ、

きっとそういうことなのだろう。


強く訴えかけてくる。

無言だけれども心の内側から、

強く訴えかけてくる。


それを無視することは私にはできない。


自分であって自分ではない。


「無意識」ってやつは、

とても面倒で扱いに困るやつだ。