心の忖度

f:id:tureture30:20190803073102j:image

 

心の負担を減らしてあげるために、

心が心に対して忖度する。


「あなたは悪くないよ」って、

「そんなひどいことをする相手が悪いんだよ」って、


甘い言葉を投げかけて、

自分で自分を慰めてやる。


「正当化」


それをするたびに、

それをすることばかりが上手になって、

自分の傷と向き合う強さを手放してしまう。


自分を慰めてやる時間は必要だ。

だけれどもそればっかりでは何も変わらないのだ。


自分の弱さを認めてあげないといけない。


ちょっとしたことで浮足立ってしまったな。

媚びを売るように何でもしてあげちゃったな。

相手に寄りかかる覚悟をもてなかったな。


それって、

「相手に嫌われること」を恐れた私の弱さ、

気配りやエスコートとはまた別の次元のもの、


私が弱かったのだ。


男は馬鹿だから、

容姿に惹かれて浮足立ってしまう。


自分と相手との立ち位置を、

ちゃんと同じところにしてあげないと、


私のほうが背が高いからって、

へりくだって目線だけ合わせても仕方がない。


「見え方は同じでも、立っている場所が違う」

それではきっと窮屈でしょ。


「見え方が違っても、同じ場所に立っている」

だから助け合うことができる。


男の視点と女の視点、

それぞれ違うから助け合える。


彼女と手をつないだときに、

私がエスカレーターを一歩踏み出すと、

それに合わせて彼女も一歩踏み出してくれた。


合わせてくれたのだ。

だけれども私は合わせることができなかった。


嫌われることを恐れて、

同じ場所に立つことができなかった。


そんな弱さに気がつけたから、

今回の経験は無駄ではなかった。


気がつけばまた正当化しているな。


それでもいいのだ。

次に繋がるならば、

次に繋げるならば、

それが一番いい。

 

生きるって苦しい。

 

彼女の一挙手一投足に想いを馳せては、

ため息が止まらない。

 

想いを引きずりながらも、

明日も来週も別の女性に会いに行く。

 

気持ちなんて、

そこには全くないのに、

 

何をしているのだろうな。

わたしはいったい、

何がしたいのだろうな。