この3ヶ月を振り返って

f:id:tureture30:20190804080657j:image

 

令和を迎えて3ヶ月が経った。


kinki kids

ジェットコースター・ロマンス』が頭の中で響く。

まさにジェットコースターのような3ヶ月だった。


5月には大きな喪失感、

6月にはがむしゃらに動いた末に希望の出会い、

そして・・・


「君をさらいたい。いいだろ?」

「ごめんなさい」


そうして締めくくられた7月、


全部だきしめて、君と歩いてゆこう」


その覚悟は伝えることもなく道端に捨てられて、

傷んだ心と体を引きずりながら婚活戦線に復帰、


早速「衛生兵!衛生兵!」と叫ぶ私、

負傷は思いのほか深いようだ。

叫べるだけまだマシか。


結果を求める8月、


それでも前に進まなければならない。


「それでもボクはやっていない」

いや、「ヤッていない」

もう30年以上も生きていて一度も経験していないのだ。


諦めたらそこで試合終了、


安西先生、XXがしたいです」


「きりんさんが好きです。でもぞうさんのほうがもっと好きです。」

でもボクのぞうさんはキリンさんになってしまいます。


話が散らかってきたな。

眠れない夜をくぐり抜けたから、

どうやら絶好調のようだ。


もはや自分のことがよくわからない。

一皮むけたのかもしれないな。


この2ヶ月、


これでもかというくらい、

女性と会って、メッセージのやり取りをして、

もはや心の置所などわからない。


恋ってなんなの?

愛ってなんなの?


どうだっていい。


「前に進むだけ」


それしかないのだ。


負け癖がついていた。

癖を治すには努力が必要、


このままでは終わりたくない。


「YOUやっちゃいなよ~」


どこからかそんな声が聞こえた気がする。

ジャニーさんの声なんて聞いたことがないけれど、

それは脳内補完、

 

愛だの恋だのを語るよりも、

とにかく動け!

 

一つの出会いが人生を変えるかもしれない。

そんな経験をしたばかりでしょ。

 

一人でいいのだ。

たった一人、

心の底から惹かれる人の存在、

それが生きる希望になる。

 

それが一番の近道、

だから苦しくても辛くても、

とにかく踊り続けるのだ。


さて、

まだまだ夏は始まったばかりだ。


自分でもわからない。

どこまで壊れるのか楽しみ、