心が戻ってこない

f:id:tureture30:20190806070200j:image

 

例の雨女さんに心を奪われてから、

「おことわり」をされたのあとも、

私のもとに心が帰ってこない。


「心ここにあらず」なのだ。


作業のように日常をこなしながら生きている。

ただ命をつなぐために、


情緒は不安定、

いつだって涙が出そうで出ないし、

ちょっとしたことでもイライラが止まらない。

体調もすこぶる悪い。


「心を返してよ」


大事なものなんだよ。


先日お会いした女性と、

次にお会いする女性から、

アプローチを受けている。


こちらから区切りをつけても、

毎日連絡は途絶えない。


作業のように婚活を続けて、

好きでもない人に愛想を振りまいて、

男としての自尊心を取り戻そうと躍起になる。


周りから見ればうまくやっているのかもしれないけれど、

誰よりも自分はわかっているのだ。


こんなことを繰り返していても、

自分のことが嫌いになるばかり、


「救えない」


人の幸せが嫌でも目につく。

そして嫌でもそれに嫉妬してしまう。


満たされないのだ。


「生活を充実させればいい」

「恋愛だけが全てではない」


そんなことを言われても、

求めて求めて、

いつだってあと一歩でスルリと抜け落ちる。


そんな経験を繰り返していたら、

どうしたって恋愛にこだわってしまう。

もはや他のことで補完などできないのだ。


「恋愛の借りは恋愛で返す」


そんな変な使命感はない。

だけれどもそうすることしかできない。


満たされない原因は、

男としての自尊感情の低さ、

それは明白、


異性と心から愛し合った経験、

それが私の人生から抜け落ちているのだ。


向き合えば向き合うほどに、

その現実が刃の如く鋭利に心を抉る。


繰り返し、繰り返し、

執拗に抉るのだ。


「本気になれる相手がいないだけ」


なんとかなると思っていた。

でも本気になってもなんともならなかった。


そして、

心はどこかにいってしまった。


相手が心の底から愛してくれたとしたら、

はじめは気持ちがなくても、

私もたまらなく好きになれるものなのかな。


試して見る価値は十分にあるけれども、

どう考えても不誠実で私の主義に反すること、


気持ちのない相手と一緒になってみて、

経験を積み重ねて気持ちが動かなければ理由をつけて別れる。


そういうのって、

皆さん一度や二度は経験しているのだろうな。


私はそれができなかった。

だから今に至るのだ。


だけれども、

もうそれもアリなのかなと思う。


プライドなど捨てて、

なりふり構わず「婚活宣言」をして、

がむしゃらに動いてきた。


その先の今、

リミットは近づいている。


せっかく受けているアプローチ、

終着点はそこなのかもしれないな。


心を取り戻すために、

それを受けてみるのも悪くないのかもしれない。


そこから始まるものだってある。

幸いにも心を寄せてくれる人がいるのだ。


それって妥協なのかな?

それって不誠実なことなのかな?


もはやどうしたらいいのかわからない。