欲望に共感するから人が集まる

f:id:tureture30:20190809065530j:image

 

人の欲望が持つ力は強い。

とてつもなく強い。


「欲望」

 

それ自体に大きな求心力がある。

人は「シンボル」にすぎないのだ。


「欲望の象徴」


そこに人が集まる。


だけれども、

何もネガティブなことばかりではない。


「困っている人の助けになりたい」

「多くの人と気持ちを共有したい」

「世界を平和にしたい」


そうした欲望のもとにだって、

人はたくさん集まるのだ。


信念とか理念、

それだって欲望の一つ、


人の集まりは欲望を満たすための共同体、

そう捉えると色々なことに合点がいく。


「不安から逃れたい」

だから結婚する。


「ほとばしる熱いパトスを開放したい」

だから交際して体を重ねる。


人と人とが惹かれ合うこと、

その根底には欲望への共感があるのだ。


私の欲望はどこにあるのか。


「誠実でありたい」


そう思っていたけれど、

なんだかそれにも疲れてしまったな。


それを目指していたところで、

損をしてばかり、

食い物にされてばかり、

消耗してばかりなのだ。


そうやってみんな、

もっと早くに「欲望」に正直になるのだろう。

そして、それを隠しながら、

うまいこと人と接することに慣れるのだろう。


私はきっと遅すぎたくらい。

 

「人並み外れた理性の持ち主」

かつて読者の方に言われた言葉、


尊大な理想を掲げていたから、

どんどん行き遅れてしまうのだ。


こと、恋愛に関しては、


それで色んな経験を逃して、

人生が色あせてしまったら本末転倒、


もっと「欲望」に正直になろう。

そうでないと楽しいことが抜け落ちた人生になってしまう。


「こういうもの」って、

そう割り切ることができれば、

こんなに傷つくことなんてないはず、


執着を手放すこと、


「誠実」はその最後の砦だと思っていたけれど、

どうやら「欲望」には勝てないようだ。


「誠実」を手放した先に、

私には何が残っているのだろう。


たまらなく好きになった人に、

気持ちをまっすぐに伝えて、

相手もそれに応えてくれて、


そんなものは理想に過ぎなかったのだな。

夢でしかなかったのだな。


夢の国の住人はもう終わり、


ネズミに手を振って、

現実世界を生きなければならない。


「欲望に魅了された人間」


そういう類のモンスターばかりが蠢く、

「現実」という世界の中で生きていかないとな。

 

理想の恋愛をして結婚に至る。

そんな人はこの世にどれだけいるのかな。


強くならないと、

強く、たくましく、

 

綺麗に見えても、

よく見ると棘で体を守っている。

不用意に手を触れると怪我をしてしまう。

 

女性はみんなバラのようだ。