必ず何か教えてくれる

f:id:tureture30:20190817051835j:image

 

辛い経験、

苦しい経験、

思い出したくもない経験、


生きていればそういう事はあるけれど、

それと向き合うことは大事、


どうやら、

思い出のお店に別の女性を連れて行くくらいには、

割り切れるようになったようだ。


たくさん思い返して、

たくさん苦しんで、

たくさん学んだ。


だから次に活かすことができる。


「必ず何か教えてくれる」


真剣に向き合うから傷つくのだ。

真剣に悩むから苦しいのだ。


そうやって、

一生懸命やったことって、

絶対に無駄じゃない。


その事を忘れてしまうと、

いつまで経っても先に進めない。


何があったって生きるしかないのだ。


それならば、

経験を前進への活力に変えるしかない。


止まっているようでも、

時間は先に進んでいるのだ。


それに合わせて、

心も前に進めてあげないと、


ストップウォッチを片手に、

時間を止めたり動かしたり、

そうやって自分の心を動かすのは自分次第、


時間を動かしたら、

ほら、これで最後、

ストップウォッチとにらめっこするのはもう止めよう。


これ以上、時間止めたところで、

手に入るものはもうほとんど何もないでしょ。


心に積み重なった「後悔」の山に、

また少しばかりの「後悔」を積み重ねるだけ、


「人の気持ちがわかるようになる」


それだけで十分、


苦しい思いをしたから、

苦しむ人の気持ちがわかる。


「成長」ってきっと、

そういうもの、


「何かができるようになる」ってことじゃなくて、

「気持ちに寄り添えるようになる」


人しての「成長」って、

きっとそういうもの、


苦しみはきっと、

無駄ではないんだよ。


世界が優しさで満たされるための一片、


遠回りをしているようで、

幸せになるための近道、