痛み

f:id:tureture30:20190818074422j:image

 

実は去年に引き続き、

またも、大きな病気にかかってしまった。


命に及ぶものではないけれど、

クオリティオブライフに大きく影響するもの、


3年前はパニック障害で、

去年は下手したら死ぬと言われて、

今年は「痛み」


私の人生ってなんでこうなのだろう。


女性は離れていくのに、

病気は寄ってくるのだ。


だけれども、

前記事で書いたように、

「必ず何かを教えてくれる」


乗り越えるたびに成長させてくれる。

「人の痛みがわかる」って方向に、


本当に辛くて、

眠れぬ夜には友人に電話をした。


「きっと今日も眠れない」って言ったら、

そうしたら「うちに来いよ」って、

一晩中、朝まで泣き言を聞いてくれた。


本当にありがたい。


だけれども私だって、

「変わったな」って思う。

遠慮なく寄りかかれるようになった。

そして、素直に心からの感謝を伝えられるようになった。


それが病気から得た大きなものの一つ、


失恋に重ねて、

うまく行きそうなお相手がいる中で、

またもや邪魔が入った。


私の恋愛には「邪魔」がつきもの、

いつだってそうなのだ。


「来るなら来い」


昨日でそう腹が決まった。


もしかしたら、

連続更新は途切れるかもしれない。


だけれども、

精一杯の世界との向き合い方を綴ろうと思う。


誰に褒められなくてもいい。

武者小路実篤「人見るもよし人見ざるもよし我は咲くなり」


精一杯向き合って、

その結果ならばどんなものであっても受け入れるしかない。


その先の道を胸を張って進もう。

支えてくれる人たちと一緒に、