夏の終わり

f:id:tureture30:20190908180926j:image

 

燃え上がるような恋、

周りのことなんて気にならない。


二人だけの世界、


唇を重ねて、

肌が触れ合って、

体は気温に負けじと熱を帯びてゆく。


「二人でどこまで行けるかな」

「君とならどこまでだって行けるさ」


そんな気持ちを確かめる以外の用途では、

まるで役には立たない言葉をかわしながら、


「イマ」さえあればいい。

そうして目の前の「カラダ」に夢中になる。


男と女は別の生き物だから、

行為が終わると、

その熱量にすれ違いが生じる。


「あれだけ心が繋がっていたはずなのに」


夏の魔物にほだされて、

一瞬で燃え上がっては見たけれど、

冷めるのも一瞬、


「今日はありがとうございました」


そんな建前だけの挨拶で、

簡単に糸は途切れてしまう。


「運命の赤い糸」


そんなものは幻想に過ぎないんだよ。


あまりにも現実が辛いからって、

人が作り出した精神安定剤


だって、

人は個体が違えば別の生き物、


わかり合っているつもりになっても、

完全にわかり合うことなどできないのだ。


夏が終わりに近づいている。


涼し気なグリーンのワンピースを着た、

彼女の後ろ姿とともに、

夏は私のもとから去っていく。


熱くて暑い夏、


蝉たちの鳴き声とともに、

「私を忘れないで」って、

最後にひときわ熱く暑く輝いて、


別れ話を切り出した後に、

面と向かって言ってはくれなかった、

愛の言葉を今更もらったところで、

どうすることもできないよ。


わずかばかりの余熱を私の心に残して、

夏が終わる。