世界が輝きを取り戻すための方法

f:id:tureture30:20190913063659j:image

 

子供の頃は自然と世界が輝いて見える。


それなのに多くの場合は歳を取るたびに、

世界が輝きを失ってしまうのだ。


経験を積んで天井が見えてしまったから、

体の機能が衰えてしまったから、

立場に縛られてしまうから、


理由は様々ある。


何度も使いまわした表現だけれども、

それは確かなこと、


だけれども、

そうなってしまった世界が輝きを取り戻す方法がある。


「死」を忘れないこと、


人はいつだって、

先があると思いこんで生きている。

それってどうしようもなく不確かなことなのに、


もしも余命を宣告されたら、

しばらくは悲しみに打ちひしがれるかもしれないけれど、

残りの人生を全力で生きるだろう。


少なくとも私はそう。

立ち止まっている暇などないと、

きっとそう考える。


病気はいろいろなことを教えてくれる。


「生きる」ってことが大変なこと、

「健康に過ごす」ってことが当たり前ではないってこと、

「周りの助けがこんなにもありがたい」ってこと、


だから「死」を側に置いて、

一日の重みを感じながら生きていれば、

世界は輝きを取り戻す。


「これだけ生きたんだからもう悔いはないよ」


そうやって旅立つ人は幸せな人、

そしてそういう人を看取る人も幸せな人、


「この人なら来世は必ずまた幸せに生きられるな」

時間はかかっても最後はそう実感できるから、


原因不明の体調不良に悩まされているけれども、

私は別に命に及ぶ病気だと言われたわけではない。

(去年は「下手したら死ぬ」と言われたけれども)


だけれども、

この体調不良も何かを教えてくれている。


「すべてのことには意味がある」

良いことも悪いことも、


「人は意味を求める生き物」


だから実際のことはわからないけれども、

そうやって何でもかんでも「生きる意味」に変えてやればいい。

それがあれば「生」を実感できるのだから、


そうやってなんでも前向きに笑い飛ばして、

最後の最後まで「生」をまっとうすればいい。


そうできれば、

その生き様が周りの人の希望になる。


『「死」だって、希望に満ち溢れているんだよ。』


簡単なことではないけれども、

それを伝えられるような、

そういう生き方ができればいいな。


先のことなんてわからない。

それを目指して「イマ」を生きよう。


確かに存在する

「イマ」という時間を、

精一杯に生きよう。