絶対に正しい人生なんてない

f:id:tureture30:20190915075230j:image

 

明確な理想を掲げている人ほど、

ともすれば「独善」に陥ってしまう。


自分のやり方に自信があるから、

そうではないものを受け入れられなくなるし、

ひどいのになると誰かにそれを強要する。


人は個体が違えば別の生き物だから、

それぞれが生きてきた中で培った「やり方」というものがある。


それを理解し合う作業が、

「愛」だとか「恋」だとかそういうもの、


一緒になるまでに、

その作業を十分に行わないと、

一緒になってから大きなすれ違いがあるかもしれない。


一度は気持ちがつながったとしても、

時を重ねるうちに徐々に距離が離れてしまう。

そういうことだってある。


「自己責任」


どこまで行ってもそういうこと、


もしもうまく行かなかった場合に、

そういう作業を怠ったことも、

そういう相手を選んだことも、

気持ちが通じているはずと油断して、

離れていく気持ちに気が付かなかったことも、

全ては自己責任なのだ。

 

誰も責任をとってはくれない。
だから最後は自分で責任を取らなければならない。


それは痛みを伴う作業で、

それに耐えるくらいならば、

手放してしまったほうが楽、


そういうこともある。


手放すことを含めて選ぶのは自分自身、

そしてその選択を受け入れる作業が必要、


「あの時にああしていたら」


それを次に活かすことはできても、

その時に戻ることはできないのだ。


それを受け入れることができないから、

だから「自分の正しさ」を証明することに躍起になる。

そうして「強要」するのだ。


「自分のようにはなってほしくないんだよ」

 

相手のことを思っての行動、

 

そういう強要の仕方もあるけれど、

その先にあるものがどのような影響を与えるか。

それは相手が決めること、


絶対に正しい選択なんてないし、

絶対に正しい人生なんてない。


だから、

唯一できることは、

選択した先に責任を持つこと、


誰かに頼ってもいい。

助けてもらったっていい。

だけれども自分の選択に責任を持つこと、


どんなに苦しくたって、

最後はそうするしかないのだ。