課題を解決するために生きている

f:id:tureture30:20190916083024j:image

 

生きていれば色々ある。

そのたびに努力して乗り越えて、

そうやって人生を紡いでいく。


「より良く生きたい」

「今より幸せになりたい」


そう掲げるのは結構なこと、

だけれどもそればかりが目的になって、


「上へ上へ」って、

「前に前に」って、

なんだか疲れてしまったな。


「昨日の自分よりも一歩前へ」だとか、

「成長し続けることが人生」だとか、

安っぽいキーワードを使って焚きつける。


そういうのって多いけれど、

自分が何を目指しているのか。

そんなことは自分にしかわからない。


人の示した人生を生きたところで、

どこかで気がついてしまうのだ。


「何かがおかしいな」


結局は100%望み通りのメソッドなんて存在しない。

自分で自分の人生を考えてあげないといけないのだ。


前ばかりみていると気が付かない。

今自分が立っている場所だとか、

自分の周りにいる人だとか、


随分前に置き去りにしてきた、

「弱い自分」だとか、


「何で弱い自分を置き去りにしたんだっけ?」


その問いに答えられないようならば、

きっと誰かの示した人生を歩いてきたってこと、


「自分を捨てる」


それってとても大変な作業、

その理由を答えられないなんて、

自分と向き合っていない証拠なんじゃないかな。

 

「人から言われたから見捨てたんでしょ」


弱い自分のことを、

 

人は本質的にそんなに極端に変われるものではない。

その事に気がついたならば、

来た道をたどってでも和解しないと、


「弱い自分」


もう一度向き合うのは大変だけれども、

先に進んだ分だけ器は大きくなったはず、


今ならば少しばかり空いたスペースに、

「弱い自分」の居場所を作ってあげられるかもしれない。


そのために器って大きくするのかな。

辛さや苦しさを乗り越えて、

自分の心を広げてあげるのかな。


「痛みや弱さ」


そういうものを受け入れるスペースを作ってあげるために、

人って成長するのかな。