掲げた理想の取り扱い方

f:id:tureture30:20190918063453j:image

 

自分がそれを信じて、

それに向けて邁進することはよし、

人にそれを話して理解を求めるまではよし、


だけれども人にそれを強要する。

それでは独善的なだけ、


そうなってしまったら、

どんなに素晴らしい理想だとしても、

それ自体が色あせてしまう。


「理想」は自分の中で育ててあげればいい。

それより上でも下でもない。


本当に素晴らしい「理想」であれば、

その人の姿を通して理解は広がるはず、

変に伝えようとする必要はないのだ。

きっとそういうもの、


「多弁は不安の裏返し」


必要以上に多くを語るのならば、

それは「私は不安ですよ」って、

自己紹介しているようなもの、


ありのままで接する中で、

気持ちが相手に伝わればいいし、

伝わらなければ仕方がない。


人の気持ちって難しい。


気持ちを伝えないと不安を煽ってしまうくせに、

気持ちを伝えすぎると胡散臭く見えてしまう。


だから姿や行動で語ること、

もちろん必要な場合は、

言葉でもきちんと伝えた上で、


その先に待ち受けているものが、

望むものでもそうではなくても、

その姿勢を変えないこと、


成功すると人は、

成功した方法にこだわってしまう。


失敗すると人は、

その方法を変えることにこだわってしまう。


「姿と行動で示すこと」


それは変えてはならないこと、

うわべだけ取り繕っていると、

気がつかない速度で虚しさが心を蝕んでいく。

 

心の底から自信を持って掲げられる理想以外は、

自分ではなくて誰かの理想、

 

そんなものはどこか端っこにでも置いて、

暇なときにだけ手をつけてやればいい。

 

本当にやりたいことに時間を割かないと、

人生はあっという間に終わってしまう。

 

時間の使い方を考えないといけない。