芝生にシートを敷いて雲でも眺めながらボーッと寝そべりたい

f:id:tureture30:20190921065039j:image

 

何にもしなくないな。


何も考えない。

そういう時間を設けたい。


理想やら効率やら、

そういうものたちに駆り立てられて、


「常に成長しないと」

「毎日前に進まないと」


そうやって心をすり減らして、

そういうことに疲れてしまった。


自分がやりたいことってなんなの?

どんな自分になりたいの?


具体的なビジョンは見えないままに、

とにかく前に進む。


前に、前に、

とにかく前に、


まるでそうすることが唯一の正しい方法なんだって、

自分に言い聞かせるように、


考える暇もないくらい忙しかった。


だけれども体を崩してからは、

考える暇もないくらいに動くことができなくなったから、

考える時間ばかりが増えた。


考えれば考えるほどに、

「何でそこまでしていたんだろう」って、

自分の生き方に自信を持てなくなった。


今は休憩中、


昔とは違って、

理想に体がついていかないのだ。


だからとにかく何も考えないで、

世界との一体感を噛み締めながら、

ただボーっとしたい。


「ボーッと生きてるんじゃねー」


何度か書いた気がするが、

私はあれが嫌いだ。


ボーッと生きている人なんていない。


ボーっと生きているように見えたって、

頭の中は騒がしくて、

なにかに夢中になることで、

不安をごまかすことに必死で、

そうやってみんな生きている。


だから、何も考えないで、

ボーッとする時間を設けたほうが良い。


「たまにはボーッと生きろ!」


所詮は5歳児、

チコちゃんには幼すぎてわからないのだろう。