心が繋がっていることを確かめるために

f:id:tureture30:20190924220200j:image

 

心が繋がっていると思っても、

なかなかそれを信じることができないから、

それを確かめるための術が必要、


それが「言葉」ってやつ、


心が繋がっていなければ、

よそよそしいだとか、

事務的だとか、

目が合わないだとか、

態度を見れば一発でわかる。

そういう場合は距離を置けばいい。


だけれども、

「心が繋がっているかもしれない」


そういう場合には、

もしかしたらって思っても、

傷つくことが怖いから、

「繋がっている」という確信を持てないと、

なかなか先には進めないのだ。


どんなに相手を思っていたって、

相手から思われているように思えたって、

一点の曇りがあるだけで疑いの目で見てしまう。


友達だって、

恋人だって、

夫婦だってそう。


だから言葉が必要なのだ。


言葉を伝えると責任が生まれる。

責任が生まれると覚悟が生まれる。

覚悟をすることで気持ちが深まる。


立場や環境、

それに力関係、

そんなものは置いておけばいい。


「気持ちを言葉にすること」

始まりは全部そこから、


曖昧なまま始まった関係だって、

どこかで言葉にしないと先には進まない。

 

こじれてしまった関係を修復するためにだって、

言葉を伝えないことにはすれ違うばかり、


いっしょにいたいならば、

「いっしょにいたい」って、


感謝の気持ちがあれば、

「ありがとう」って、


気持ちが高まったならば、

それをそのまま真っ直ぐに「好き」って、


真面目に生きているほどに、

言葉は重みを増してしまうから、

喉につっかえて、

もう出るってところまで来ても、

なかなか飛び出してはくれない。


そういう時は、

眠れないで散々準備してきたとしても、

前置きなんて差し置いて、

ワンフレーズだけ伝えればいい。


気持ちのこもった一言だけ、

真っ直ぐに伝えればいい。

 

それできっと歯車は動き出す。


「好き」


その一言に込められた力って、

想像以上に大きいもの、


真っ直ぐに気持ちを伝えることって、

想像以上に相手の心に響くもの、


打算なんかなく、

利害なんか関係なく、

ただ好きだから「好き」って伝える。


それって素敵なこと、


最後にそういう気持ちを経験して、

お断りをされてから2ヶ月が経った。


そういう人ともう一度巡り会いたいな。


「好き」


今はまだ自分のことで精一杯だけど、

それってきっと生きる活力になるはずだから、