ドラマ『凪のお暇』

f:id:tureture30:20191002085406j:image

 

『凪のお暇』

少し前に終わってしまったけれど、

色々と考えさせられたドラマ、


社会ってどんなところでも、

少なからず同調圧力というものがある。


それぞれの立場があって、

それぞれのキャラクターがあって、

そこから少しでもはみ出ると浮いてしまう。


「どうしたの?

そんな事言うタイプじゃなかったでしょ」


とでも言いたげに、

空気がさっと変わる瞬間がある。


役割を演じているだけだから、

セリフを間違えると「違うでしょ」って茶々が入るのだ。

まるで台本があるみたい。


「予定調和」


収まるところに収まる。

そこからはみ出さないことに躍起になって、

自分を押し殺しては自分を嫌いになって、


そういう自分に満足しているならばいい。

 

「うまく周りとやれているぞ、自分」

そこに喜びを感じる時期だってあるだろう。


だけれども、

そういうのって長くは続かない。

そしてどこかで誰かにしわ寄せが来ている。

多くの場合は弱い立場の人に、


それが苦しくて耐えられなくて逃げ出したいならば、

手遅れになる前に逃げ出せばいい。


色んなものを失ってからでは、

失ったものを取り戻すまでに時間がかかってしまう。


「本当は何をしたいの?」


その問いに向き合わなければ、

やりたいことはどんどん遠ざかる。

気がつかないうちに距離は開く一方、


生き方に疑問がある場合、

大抵は望んでいることと逆の方向に進んでいるのだ。


だから、

まずは立ち止まってみればいい。

そして次に進む方向を決めればいい。


辛くて苦しいときほど焦らずに、

一つ一つの選択を丁寧にするのだ。


できそうなところから手を付ければいい。

それでいて自分を追い込まないようにして、

着実に一歩ずつ進めばいい。


それがきっと「お暇」ってやつ、


凪は最後に自分で生きる選択をした。

誰かに寄り掛かるほうがよっぽど楽なのに、


「まだまだ一人でやらなければならないことがある」

きっとそういうことだろう。


私もきっと、

まだ一人でやらなければならないことがある。

だからいつだって奇跡的に相手と一緒になれないのだ。

そう思っていればいい。


今はまだお暇が必要、

 

なんだか最近は寝心地が良くて、

目覚めもすっきりとしてきた。


もう少しだけ、

もうちょっとだけ、

このまま寝てしまおう。


「こんなところで寝ていると風邪を引くよ」


そうやって、

素敵な誰かが肩を叩いて起こしてくれるまで、


しばしお暇いただきます。