たまらなく惨めな気持ちになる

f:id:tureture30:20191005071542j:image

 

「惜しいことをしたな」


婚活の最後にお会いした方からは、

最後の最後で好意を伝えられたものだから、

その気持ちを受け止めてみれば良かったなって、

そんな気持ちになることがある。


結局、2ヵ月で10人と会うほどにがむしゃらに動いた結果、

誰とも結ばれないことを選んだ。


「好きだな」


その報われなかった思いと、

同じくらいの気持ちになれる人とは出会えなかったから、


だけれども改めて感じる。

この年で経験していないほど負け続けていても、

私も男の端くれなのだ。


「惜しいことをしたな」


そう思うときは決まって寂しい夜、

一人で悶々としながら、

その不誠実さに葛藤する。


結局は女性のことを、

性欲を満たすための道具としてみているのかな。


色々考えた末に、

最後は直感に従って、

自分で選んだ選択なのに、

一側面に突き動かされて、

たいした時を要さずに後悔に苛まれる。


なんともご都合のよろしいことで、


体調はだいぶ戻った。

失われていた欲求とともに、

 

湧いてこないことが不安だったから、

それは喜ばしいことなのだろうけれども、

たまらなく寂しい夜に、

たまらなく惨めな気持ちになる。


「なんでいつもこうなのだろう」


いつだってうまくいかない。

寂しさを紛らすために関係を先に進める。

そんな弱さに身を委ねることすらできない。


いつだって理性が先に顔を出す。

そしてふと本能が顔を出したときに、

たまらなく惨めになる。


人だって動物、


後先考えないで、

相手の気持ちなど二の次で、

本能に従ってしまえばいいのかな。


そんなことを考えていても、

一度、自分で欲求を処理してしまえば、

しばらくは欲しがらない。


なんともご都合のよろしいことで、


いくら紳士を気取っても、

所詮は動物なのだ。

 

心に正直に、

前向きな意味で心に正直に、

また心から「好きだな」と思える人と出会って、

チャンスを掴み取りたい。

 

もうこれ以上、

惨めな思い出を増やしたくないな。