自分の内側を表現することに疲れてしまった

f:id:tureture30:20191005220104j:image

 

昨日の記事は、

夜中にふと目が覚めて久々に言葉が出てきた。

 

だけれどもここ最近の記事は、

私に起きている客観的事実や、

私の外側のことばかりを題材にしている。


内面にばかり向き合っていても、

あまり言葉が出てこないのだ。


興味のあることに目を向けて、

それを文字に起こしている。

今の私にはそっちのほうが楽しいと思えるから、


なんだかとても疲れてしまった。

内面と向き合うことに、


いくらそれを続けていても状況は好転しない。

それどころかどんどん浮世離れして、

私の好きな天真爛漫タイプの女性は離れていく一方だ。


「笑顔の時間を増やしたい。自分も周りも」


それが今のテーマ、


先のことばかりの思いを巡らせて、

損しないようにって色々と手を打って、


そんなことばかりして生きているから、

コントロールできない不安が顔を出した時に、

パニックに陥ってしまう。


「なんとかなる」


昔はもっとそう思って生きていたはず、

どこかで「自分のやり方」というシステムに支配されて、

システムエラーを起こすと思考停止するようになってしまった。


どうしようもないことは、

大いなる何かに身を委ねればいい。

その先がどうなろうと仕方がない。


コントロールしようとしたってできないことはたくさんある。

どんなに素晴らしい「自分のやり方」というシステムを構築しても、

どこかに限界があるのだ。


だから手放せばいい。


それなりに経験は積んできて、

直感的に悪くない判断はできるようにはなっているでしょ。

その直感に従ってぶっつけ本番で生きれば良いのだ。

それくらいの場数は踏んできた。


「こうでなければならない」

「こうあらねばならない」


世の中は複雑にできているから、

100%正しいことなんてきっと存在しない。


あとは自分の感性がどうなのか。

善悪の判断基準がどうなのか。

そういうものがきっと「人としての魅力」なのだ。

 

幸い周りにいてくれる仲間はいる。

人間関係だって広いほうだろう。


私の周りにいる人達が、

きっと私が「悪い人間ではない」と言う証拠、


だから直感に従えばいい。

私は小市民で臆面もなく悪いことをできる人間ではない。

そして人を傷つけて平気でいられるメンタルを持ち合わせてはいない。


善悪がどうだとか、

将来がどうだとか、

わからないことに思いを馳せても仕方がない。


とにかく自分の直感に従って、

何かと衝突したらその時に考えればいい。


そうやって生きていたらきっと、

どこかでまた笑顔の絶えない素敵な女性に巡り会えるはず、


私がそういう人間にならなければならないのだ。

相手から見て「いっしょになりたいな」と、

そう思ってもらえる人間に、