終わらない夏

f:id:tureture30:20191012074818j:image

 

10月にもなるのに暑い日が続いていた。

それもどうやら終わりを告げるみたい。


超大型の台風が接近している。


台風一過を最後に、

このまま夏を連れ去ってくれるのだろう。


今年の夏はとにかく苦しんだ。

夏らしいことはあまりしていない。


江ノ島に行く約束は永久に失われてしまった。

「いっぱいデートしようね」


その言葉を受け取ってから、

結局は一度もデートをしないで終わってしまった。

永遠に・・・


しばらくお休みをしていたものだから、

気温とともに冷めていく。

私の恋心・・・


だけれども冷めきってはくれないようだ。

心の柔らかい場所に包まれて、

どうやら居心地がいいみたい。


引きずり出すのは忍びないな。

先に進みたいとは思うけれど、

もう少しこのままでも良いか。


「終わらない夏」


あの子との出会いは、

この夏の象徴、


いつまで経っても、

夏の訪れとともに、

あの子のことを思い出すのかな。


私の気持ちを察するかのように、

夏も頑張ってくれていたようだ。


将来のことはわからない。

過去を変えることはできない。


だからせめて今はこの思いに浸って、

それを次への活力に変えよう。


もう少しで3ヶ月、

いい加減に前に進まないとな。


いくら望んだところで、

夏にはもう戻れないのだ。


台風、

前みたいに大きな被害が出ないことを願う。


この停滞感、

もやもや感、

不信感やら倦怠感、


そんなものだけを吹き飛ばして、

過ぎ去ってくれればいい。