人が死んで喜ぶ

f:id:tureture30:20191013080404j:image

 

本来はあってはならないことだ。


だけれども、

道徳よりも憎しみが勝ると、

そんなことはお構いなしに感情は爆発する。


それほど苦しめられたのだ。

「目の前からいなくなればいい」

それがどんな形だったとしても、


冷静に考えてみると、

そういう精神状態ってまともじゃない。


それがまともじゃないことにも気が付かないと、

もはや手遅れなのかもしれない。


真面目に生きてきたのに許せない。

この苦しみはあいつのせい、だった。


正義を証明するために、

誰かの死を喜ぶ。

そんな証明の仕方に価値はあるのかな。


私が人生で一番嫌いになった人とは、

「二度と関わりたくない」

今でもそう思っている。


だけれども、

それを願ってもその先の相手のこと、

そこまで想像力を働かせてはいない。


もしも亡くなったとしたら、

私の感情はどのように動くだろう。


表には出さなくても、

心のなかでは喜ぶのか。

それとも悼むことができるのか。

想像もつかない。


モラルの問題なのか。

それを超えた問題なのか。


人と人との間には色々な感情が交錯する。

何が正しくて何が間違っているのか。

その線引きはとても難しそうだ。


「命を奪うことは悪」


そう定義したとして、

奪わなくても死を悼めないことは悪なのか。


連日、様々な死が報道されているけれど、

それが当たり前になりすぎて、

感覚が麻痺しているのか。


報道された死が、

救いようのない凶悪殺人犯のものだったら、

悼まなくても良いものなのか。


毎日、命が失われている。

いちいち思いを馳せることなど敵わないくらいに、


そしてその死の周りには、

色んな感情がある。


少し考えさせられる出来事があった。