プチジャーナリズム

f:id:tureture30:20191015063940j:image

 

「お客様のモラルに問います」


人身事故現場に居合わせて、

ブルーシートの中の状況を撮影しようとする。


「国民全員がカメラマンだから、

どこで撮られているかわからない」


どこかで芸能人が言っていた。


情報の価値は高騰するばかり、

いや、かえって値崩れを起こしているのかな。

だから刺激のあるものでないと価値を生み出さない。

それを撮ろうと躍起になる。


「プチジャーナリズム」


それをしたところで別に大した見返りはない。

 

電子データに人生を預けて、

その数字の大きさが自分の価値、


ゲーミフィケーション

 

自己啓発に活かす方向性で、

少し前からよく目にする言葉、

数字の積み重なりには中毒性がある。

だから人はゲームに夢中になるのだ。


リアルでは努力が成果につながるとは限らない。

だけれどもゲームの世界では、

努力が成果につながりやすい。

だから夢中になる。


プチジャーナリズムの病理も同じ、

貴重で刺激的な情報を提供すると、

数字が増える。

 

そうなると、

世界に自分の居場所を見つけた気になる。

だから止められなくなる。


ブログだってそうだ。

読者数、アクセス数、スターにブックマーク、

収益を目指している人もいる。

数字が増えるからモチベーションになる。


それが悪いことではないけれども、

行きすぎてしまうとモラルを差し置くようになる。

 

認められるためならば何でもする。

自分の居場所が不確かだから、

 

認められるためならば人のことはどうでもいい。

自分の居場所を守るために必死だから、

 

そういうことをしていると、

世界から認めてもらいたいから情報を発信するのに、

世界から叩かれては居場所を狭めてしまう。

何とも皮肉なもの、


「不正を暴く」


ジャーナリズムへの熱意って、

そういうことを覚悟を持って報道することだったはずだけど、

それがプチになってしまうと、

覚悟なんて置き去りにして功名心ばかりが先走る。


「人としてどうなのか」


一度立ち止まって、

そういう視点で見てみないと、

もはや機械と変わらない。


反射的に写真や動画を撮るようになって、

反射的に投稿して、

反響を分析して次に備える。


自分の価値ってどこにあるのだろう。

人から認められることでしか、

自分の価値を信じられない。

 

想像力が欠けてしまうと、

人のことを自分の欲望を満たすための道具にしか、

見ることができなくなってしまう。


そんな人間にはなりたくないな。