直感は経験の圧縮

f:id:tureture30:20191016063543j:image

 

「直感は経験の圧縮」


前から自分の中で思っていたことだけれども、

うまく言語化できなかった表現、


ある講演記事で見つけて、

「これだ」と思った。


これまで積み重ねてきたものがあるから、

直感的に「違和感」を感じ取ることができる。


それを感じ取ることができるかできないか。

それはこれまで積み重ねてきた経験値の差、


とにかく準備を怠らないこと、

あらゆる可能性を想定していること、


そういう意識で生きていれば、

人が気が付かない違和感に気がつく。


「なんだか違和感があるけど言語化できない」

そういうことって割とある。


少し前は事を荒立てても仕方がないから、

黙ってやり過ごしていた。


だけれどもしばらくすると顕在化して、

「あの時に手を打っていればよかった」となる。


だから今は多少は煙たがられても、

違和感を見つけると声を上げることにしている。

その時はそれの正体に気が付かなくても、

議論を交わしているうちに気が付くことも少なくない。


だから、

自分自身の直感を鍛えるために、

いろいろな経験を積み重ねたほうが良い。


後悔は先に立たないものだから、

「あの時ああしていれば」

人生にはそういうことって多い。


そうならないために、

先手を打てる体になるのだ。


とにかく動いたもの勝ち、

むしろ動かないことが失敗なのかもしれない。


手をつけていない分野ほど、

失うものなんてないでしょ。


人の脳だってニューラルネットワーク

結論を出すまででに色々なことが絡み合う。


思いもよらぬところから、

思いもよらぬ打開策、

そういうこともある。


しばらくお休みをしていたけれども、

そろそろ動き出さないといけないかな。


体が落ち着いてきたものだから、

なんだかそういう欲求が湧いてきた。

それと同時に億劫でもあるけれど、


新しいところに飛び込まないと、

もったいない。


人って後悔しないために生きるのだ。