夢中に生きるってどうするんだっけ?

f:id:tureture30:20191026102332j:image

 

周りからいろいろなものが消えていく。

手放す時期に来たのかな。


熱を上げていた婚活を切り上げて、

かかえていた資格の試験を全て終えて、

体調が落ち着いてきたものだから、

ゆっくりと次のことを考えようと思った矢先、

今度は愛犬を失って、


バレーボールは終わり、

ラグビーも日本は敗退して、

野球の日本シリーズもあっけなく終わった。


しばらく読んでいた本も読み終えて、

通っていたジムは月末で退会する。


手放すものばかりで、

手に入るものはあまりない。

おまけに寂しさを紛らすための術もない。


そういう時期、


立ち止まる時だよって、

教えてくれているのかな。


それとも、

新しいことを始める時だよって、

そういうことなのかな。


忙しくなろうと思えばなれる。

そんな球はあるのだけれど、

どうにもあまり気乗りしない。


それに乗っかると、

なんだか搾取されているような気がしてしまうから、


昔はそんなことを考えもしないで、

夢中になれたものなのに、

歳をとってしまったのだな。


もうしばらくは心を落ち着けて、

目の前の責任だけを果たしていればいいのかな。


だけれどもそれだけでも、

なんだか責任は重くなる一方だ。

体力はどんどん落ちているのに、

かかえているものはどんどん増えていく。


いつまで片手間に責任を果たしていけるのかな。

両手まで塞がってしまったらきっと、

逃げ出したくなるだろう。

 

これでは結婚なんてとてもできそうにない。

おひとりさまの覚悟を決め込むべきなのかな。

 

夢中になれる体力を失ってしまってから、

夢中になれる心まで蝕まれてしまった。


もう少し、

夢中に生きていたいな。


夢中に、

幸せを追い求めて、

自分よりも大きな世界に対して、

使命感を持って生きていけたらな。


そういう時期って、

どこで終わってしまうのだろう。


子供の頃は、

何に対しても夢中だったのに、

 

世界と自分が密結合していて、

「世界に何か影響を与えられる自分」

そういうものを信じていたものだから、

世界が輝いて見えた。


夢中に生きるって、

どうしたらいいんだったっけな。


思い出そうとするほどに、

それが遠くに行ってしまう気がする。

 

考えれば考えるほど、

何か理由を探してしまうのだ。

それでは夢中になんてなれっこないな。

 

大人になると頭で考えるようになる。

だから夢中になれないのか。