ある意味では成長なのかな

f:id:tureture30:20191029064453j:image

 

「最近、顔色が良くなりましたね」

ランチを共にしていた後輩くんにふと言われた一言、


「婚活をお休みしているからね」

私はそう答えた。


出し切ってしまったのか。

最近はあまり言葉が出てこない。


何かに取り憑かれたように文章で吐き出していた時期もあった。

言葉を紡ぐことに飽きてしまったのかな。


理想の相手と一緒になることを目指していたけれど、

どうやらそのことに私があまり執着しなくなったみたい。


それもある意味では成長なのかな。


欲求だとかそういうものを垂れ流しにして、

それが敵わないからっていちいちイライラして、

そんな状況よりかは幾分かマシ、


だけれども気力が湧いてこない。


やらなくてはならないことを、

やらなくてはならないからやり続ける。

生活のためにやり続ける。


なんだかそんな繰り返し、

それを続けられているだけでも上出来なのかな。


それ以上に手を伸ばして、

また体調を崩してしまったら本末転倒、


私の心は誰かと一緒に前に進むことを、

求めてはいないのかもしれないな。


いつだってダメになる。

いや、自分でダメにしている。


前に進まない理由を作って、

純情を装って、


いい加減いい年だよ。

何をしているんだか。


ある意味では成長していても、

ある意味では全く成長していない。

 

人生ってそういう繰り返しなのかな。

 

餌に釣られて前に進んでみる。

だけれども餌は餌だから、

手の届きそうなところでフッと消えてしまう。

 

人参ぶら下げられた馬みたいに、

そうやって走り回らされる。

何か大きなものの意思によって、

 

賢くならないといけない。

賢くなるって走るのを辞めるってことなのか。

 

それはわからないけれど、

顔色が良くなってきたようだから、

今はもう少しお休みしていればいいか。

 

もはや手遅れ、

今更焦ったところで変わらないのだ。