コンクリートジャングルを巣にしている生き物

f:id:tureture30:20191031064748j:image

 

人の生態は哺乳類よりも昆虫に近い。

そんな話を聞いたことがあったな。


いくら飲み込んでも決して満たされない、

そうやって次々に人を食らう満員電車、


「飽食」の象徴みたい。


「これ以上は入らないよ」って誰が見てもわかるのに、

1分1秒を争って駆り立てられるように躍起になる。

電車に食われることに、


何かに食われた心と体は、

どこへ行ってしまったのだろう。


「自然との調和」


それに取り組んでいますよって、

そうアピールしているみたいに、

申し訳ない程度に生えた木々、


それを取り囲むように、

見渡す限りの人工物、


その人工物に至る道筋は、

まるでレールが敷かれているみたいだ。

 

「そこ以外は歩いてはいけませんよ」って、

どこかにそんな看板でも立っているのかな。

 

きれいに列を作って、

レールの上を歩きながら、

人工物に吸い込まれていく人たち、


「これが生きるってこと」


生活をするために、

ある意味では生活を捨てているのかな。

 

考える気力すら失って、

足が勝手に動いている。

ただただお決まりの時間にお決まりのルートを辿って、

お決まりの作業をして、

だいたいお決まりの時間になるとそれを切り上げて、

またお決まりのルートを辿って帰る。

 

一日のほとんどはお決まりなのだ。


不自然なものに囲まれることが当たり前になっているから、

不自然な心の変化にも気が付かないのかな。

そうやって手遅れになってしまう。


いくら周りのことで忙しいからって、

自分のことは自分で面倒見てあげないと、


周りは面倒見てくれないよ。


同じように電車に詰め込まれて、

同じように列を作って、

同じ人工物で長い時間を共有しても、

多くの人とは心の距離が縮まることはない。


「誰かと繋がりたい」

そういう欲求はみんなが持っているはずなのにね。


リアルヒューマン、


文字や写真だけではなくて、

直接のぬくもり、


そういうものに対する欲求はきっと、

どこまで行っても人生から切り離すことはできない。


毎日これだけ多くの人と触れ合って生きているのに、

関わるのはほんの少しだけ、

なんとも奇妙な生態を持つ生き物だ。


世の中が便利になるほどに、

どこかの機能が麻痺してしまうから、

欲求がいびつに歪んでしまう。


「人とのふれあい」


そういうものにもっと正直に生きられたらなぁ。

傷つくことを恐れずに信じることができたらなぁ。


私はもはや手遅れかもしれないけれども、

そういう未来になればいいと思う。

 

今日はお決まりから、

少しだけ外れてみることにするかな。