脳内リソースの無駄使い

f:id:tureture30:20191102071906j:image

 

特に大きな事があったわけではないけれど、

なんだかとてもイライラする。


人生で一番嫌いになった人のことで、


避けられてもイライラするし、

距離を詰めようとされてもイライラする。

もはや存在を認識するだけでもイライラする。


小さなことの積み重ね、


しばらくは夢中になれることがあったから、

イライラは落ち着いていたけれど、

少し体の方が落ち着いたら、

今度はイライラの方が始まってしまったな。


無駄だとわかっているのに、

思考のリソースを割いては、

負の感情が増幅するだけ、


「生理的に無理」


それってこういう事を言うのだな。


なにかに夢中になりたい。

そして報われたい。


現状を幸せだと思えないから許せない。

満たされないから惨めになる。


病理はそこにある。


理解はしているけれど感情は止められない。

今の私の一番の関心事がそこにあるということだろう。


自分が満たされないからって、

何年も前の「裏切り」に固執して、

ただただ不幸になるためにリソースを無駄遣い。


確かに始まりはそこにあるんだけれども、

現状を作っているのはそこから積み重ねた選択の結果、


それも理解している。

だけれども感情は止められない。


いい加減になんとかならないものかな。


「嫌いってことは気になるってこと」


早くどうでもいい人になってくれないかな。

そうでないとダークサイドに落ちるのは時間の問題、


負の感情ばかり増幅されて、

暇さえあればイライラして、

相手を嫌う自分のことまで嫌いになって、


「助けて、オビワンケノービ、あなただけが頼りなの」


そう願ったところで、

誰も助けてなどくれない。

紅に染まったこの俺を慰めるやつはもういないのだ。


「どうでもいい」


心からそう思えるくらいに満たされたい。


誰かを憎んだり避けたり、

それってとても労力を使うこと、

そして報われることなんてない。


だけれどもそうせざるにはいられない。


許せないから満たされない。

満たされないから許せない。


物理的に距離を置きたいけれど、

そういうわけにもいかない。


「早くいなくなってくれないかな」


そう願うくらいならば、

自分がそこから抜け出したほうが良いのかな。


もはや詰んだ。

「投了します。はい。終わり」

それで済めばいいけれどそうもいかない。


「君の敗因はメモリの無駄遣い」


ヒソカさん、

その通りです。


救われたい。