理想の女性像

f:id:tureture30:20191105070501j:image

 

いろんなシチュエーションはある。


理想の彼女だったり、

理想の結婚相手だったり、

不誠実な関係まで含めればキリがない。


そうやって一人を選ばずに細分化して、

「理想」というものを明らかにしすぎるから、

結婚は遠のくのかもしれない。


だからこそ、

あえて全ての根幹となる、

「理想の女性像」

それに絞ってみる。


それを聞かれた時に真っ先に思い浮かぶのが、

ナウシカ

「風の谷のあの人」である。


基本的に女は保身に動く生き物、

今はだいぶ変わっても、

内助を生業をしてきたものだから、

リスク回避のためならばバッサリと切り捨てる。


その変わり身は見事なもの、

秋の空もビックリだ。


一括りにするのは強引かもしれないが、

そういう人が比較的多い。


母性にも限界があるから、

母性の安売りはしないのだろう。


経験からそういう姿を嫌というほど見てきたから、

勇敢な女性に惹かれる。


慈愛にあふれていて、

他人のために自分の身を危険にさらすことを厭わない。


「姫様」「姫姉さま」

誰にでも慕われる優しさと、

大切なものを守るための強さを持ち合わせている。

 

抑えられない怒りに身を晒した時に、

「自分が怖い」と嘆く姿は、

人として忘れてはいけないもの、


人も動物も昆虫も植物も分け隔てはない。

世界を慈しみ、世界を憂う。


母性の象徴みたいな存在、

まるで聖人のようだ。


おまけに胸が大きい。

さすがは宮崎駿監督だ。


人の業により世界は腐海と呼ばれる毒地に侵食され続ける。

そんな世界の覇権をめぐる大国の争いを尻目に、

世界を慈愛で包み込む一筋の光、


やがて明らかになる。

腐海は再生への過程だということが」


世界を破壊し尽くしても、

なおも争い続ける人の業、


何十年も前から、

世界の行く末は危惧されていた。


愛機メーヴェは後継者のテパに託されて、

ナウシカは森へと消えていく。

「世界を照らす光」としての役割を終えて、


映画の方はほんの一部、

原作の方は読み応えがある。


部屋のどこかに眠っているはず、

引っ張り出してみようかな。


ナウシカに恋をしてしまうかもしれない。