「孤独」を受け入れるということ

f:id:tureture30:20191106062826j:image

 

「誰かのために生きる」

「誰かと一緒に生きる」


そんなことばかりにこだわって、

「自分」を蔑ろにしてしまう。


人は「孤独」が怖いから、

誰かと何かを共有することで、

それを紛らわそうとする。


だけれども、

どんなに素敵な誰かが隣にいたところで、

「孤独」は心に居続ける。


それを過剰に恐れてしまうと、

「依存」することになる。


それでは本末転倒、

距離感を間違えてはいけない。


自分も自立して、

相手も自立していて、

自立した個人同士、


そういう関係じゃないと、

恋愛なんてものは成り立たない。


「寂しさ」に目隠しされていたな。


いい歳して、

誰かに幸せにしてもらおうだなんて、

なんとも情けない。


まずは自分を作ること、


「孤独」に、

「寂しさ」に、

目隠しされないこと、


いつだって主役は自分自身、

 

もちろん思いやりは大事、

愛を注ぎ会うことも必要、


だけれども、

自分は自分、

人は人、


相手ができたって、

子供ができたって、

距離感を間違えてはいけない。


コントロールしようとするから、

おかしなことになる。


「他人」をコントロールなんて、

できっこない。


そんな簡単なことを忘れてしまう。


「孤独」は恐ろしい。

だけれども「孤独」だって、

「孤独になること」を恐れている。


だから、

「孤独」を受け入れてあげて、

「孤独」と一緒に生きていく。


「孤独」を知るから強くなれる。

「孤独」って実はいい奴で最高のパートナー、


孤独くん、

これからもよろしく、