「許せない」器の小ささに嫌気が差す

f:id:tureture30:20191109085902j:image

 

自分のこと、

本当に嫌気が差す。


何年も前の裏切りを許せない。

それどころか日に日に憎しみが増していく。

このままだと手遅れになる。


うまくいかないことを全部、

嫌いなあの子のせいにして、

どんどん積み重ねては勝手に憎しみに変えて、

そうやって醜くなる一方、


誰かのせいにして、

楽になろうとしているだけ、


なんとも浅はかで、

器が小さくて、

惨めな男なのだろう。


相手を探すどころではなく、

まずはそこを解決しないといけないんじゃないのかな。


そうじゃないと、

うまくいかないことがある度に、

その不満を重ねるべきではないところに重ね続けてしまう。


甘えているだけ、

被害以上に被害者ヅラして、

前に進んでいるようで進んでいない。

 

「恋愛」
弱点を攻められたものだから、

取り繕うのに躍起になる。


「なんともないですよ」って、

そんな姿を装ったって心はボロボロなのに、


相手を許せない。


それもあるだろうけれど、

理想から離れ続ける自分を許せない。


このイライラの正体は、

きっとそういう事、


自分のために「許す」


頭ではわかっているけれど、

そのためには何をすればいいのかな。


このままだと心が壊れてしまう。


「なるべく関わらない」


そういう選択肢を選び続けてきたけれど、

それでは何も進まない。


全く関わらないようにはなれない関係、


少し同じ空間で時を過ごしただけで、

一日中イライラが止まらない。

日常生活にまで支障が出る。

すごい威力だ。

どうにかしてやり過ごせるようにならないと、


この苦しみから逃れたくて始めたブログ、


1年半が経過したけれど、

結局は元に戻ってしまった。


それも状況は始めたときよりも悪くなった。


後悔って、

いつだって後になってからするもの、


プライドを捨てて勇気を出すことができたならば、

1年半前ならまだ間に合ったかもしれないのに、


もう手遅れ、

あの子は他の人と一緒になってしまったのだから、

それもよく知っている人と、


そんな姿を見せつけられて、

苦しい。


救われたい。


この苦しみから、

どうしたら逃れられるのだろう。


映画『茄子 アンダルシアの夏

それが同じようなテーマだった。


付き合っていた彼女とすれ違い、

その彼女は自分の兄と結婚した。


主人公はそれを原動力に、

自転車レースで優勝する。


原動力に変えられたらな。


がむしゃらに動いてきたけれど、

婚活は結果が出ないどころか、

傷が増えるだけで終わった。


わかったことは、

自分の理想が高すぎるってこと、


あの子への気持ちなど残っていない。

もはやただの執着だ。


単純に容姿が良かったものだから、

それを逃したことに固執しているだけ、


「自分が許せない」


結局は相手を条件で見ているのだ。

自分を飾る装飾品と同じような感覚で、


そういう弱さを克服できない。

どうしたらいいのかな。


もはや自分の「好き」を信じられない。

性格なんてすぐにはわからない。


若くて可愛くて、

おまけに胸が大きければ何でもいいのかな。


結局は容姿ばかりにこだわってしまう。


私の「好き」ってなんなのだろう。