憎しみの深まり方

f:id:tureture30:20191113064128j:image

 

私は若くて綺麗な女性のことが、

好きで嫌いだ。

 

期待する反面、

「相手にされてなどいない」

自分の利害のために愛想良くしているだけ、

そういう現実が突き刺さる。

 

彼女たちの多くは、

自分に需要があることを知っている。

だからそれを社会で生きるための武器にして、

男を手玉に取るのだ。

 

「なんともお美しいことで」

 

傷つく経験を重ねてきたものだから、

私の心はそんなアイロニーに支配されている。

 

思考の偏り、

認知バイアス」というやつ、


人は「嫌い」と判断すると、

その対象の「嫌い」にばかり目が向くようになる。

自己防衛反応が働くから、

「好き」は「嫌い」には勝てない。

そうやって自分の価値観を作り上げるのだ。


楽しかった思い出は、

すべて憎しみの炎で焼き尽くす。

「嫌いなやつ」って自分で自分を洗脳する。


関わりたくないから、

避けるようになる。


そうなると会わない時間が「憎しみ」を作り出す。

もう二度と会わない関係ならばいい。

時が解決してくれるはずだから、


「どうでもいい」

心からそう思っている相手ならばいい。

会わない時間に相手のことなんて考えないから、


だけれども、

会わなければならない関係で、

「どうでもいい」と思えない相手ならば、

自分の心を戒めなければならない。


「憎くて仕方がない」

 

気が付かない速度で心は蝕まれてしまうから、

気がついたときには手遅れ、

そうなりかねない。


会って話してみれば、

多くの場合は「それほど憎むこともない」

きっとそう思う。


だけれども避ければ避けるほど、

会わない時間が憎しみを育むことになる。


どこかでけじめをつけなければならない。


完全に関係を断つか、

許すか。

もしくは先延ばしにして人ではなくなるか。


その選択を迫られる。


随分と長いこと先延ばしに来てきたけれど、

憎しみには時効なんてないみたい。

どうやら自分で解決するしかないようだ。


痴情のもつれから命を落とす、

そんな事件が最近もあったけれど、

人ってこうやっておかしくなっていくのだな。


そんなことをしてしまったら、

憎しみの連鎖に巻き込まれて、

もっと苦しむことになるのは目に見えているのに、


憎むことでしか自分を保てない。

ずっとそうやって苦しみ続ければいい。


「坊やだからさ」


赤い彗星さん、


憎しみにとらわれて、

人類の可能性を信じられなかったあなたも、

「坊や」なのかもしれません。

 

人の心って強くて弱い。

 

憎しみを糧にして生きるのと、

それを糧にしないで抜け殻になるの、

 

どっちが人として正しい選択なのかな。