搾取

f:id:tureture30:20191114065711j:image

 

気がついたときにはもう空っぽ、


カラカラに干からびて、

一滴も残っていない。


「気持ちはつながっていた」


そう思っていたけれど、

いつだって一方通行なのだ。


去りゆくあの子は、

「女」としての自尊心を満たして、

どこか得意気に映る。


また補充しないといけないな。

 


傷を癒やして、

ジョウロで毎日少しずつ、

大事に、大事に潤いを与えて、

 


少しずつ、

少しづつ、

すこしずつ、

すこしづつ、

 


次はきっと、

報われるはずだと信じて、

 


震える手を、

同じように震えるもう片方の手で必死に支えて、

毎日、毎日少しずつ、

水をやり続けるのだ。

 


少しずつ、

少しづつ、

すこしずつ、

すこしづつ、

 


ようやく少しは湿ってきたかな。

手の震えもおさまってきた。

もう少しの辛抱だ。

 


少しずつ、

少しづつ、

すこしずつ、

すこしづつ、

 


手の震えは止まったし、

足だってほら、

ゆっくりだけど前に進めるようになった。

 


少しずつ、

少しづつ、

すこしずつ、

すこしづつ、

 


もう大丈夫、

ようやく前に進めるかな。

 


後悔だけはしたくない。

もう一度あの子に会いに行こう。

 


女「あなたのことが心配だったの」

男「そう言ってくれて嬉しいよ」

女「あなたの大切さに気がついたの」

男「僕はずっと大切に思っていたよ」

女「不安で不安で仕方がないの」

男「これからはずっと側にいるからね」

 


少しずつ、

少しづつ、

すこしずつ、

すこしづつ、

 


見たくもないものを見てしまった。

あの子が他の男と仲良く歩くところ、

作り物のように冷たく整った笑顔を携えて、

 


少しずつ、

少しづつ、

すこしずつ、

すこしづつ、

 


どうやら相手はどこかの貴族、

地位も名声もあるようだ。

僕には勝てるところなんてないな。

 


少しずつ、

少しづつ、

すこしずつ、

すこしづつ、

 


女「嫌ならば別れましょ。それがあなたのためなのよ」

男「待ってくれ、一度ちゃんと話し合おう」

 


少しずつ、

少しづつ、

すこしずつ、

すこしづつ、

 


女「もういいわ。別れましょ」

男「わかった。それが君の幸せならば」

 


少しずつ、

少しづつ、

すこしずつ、

すこしづつ、

 


気がついたときにはもう空っぽ、


カラカラに干からびて、

一滴も残っていない。


「気持ちはつながっていた」


そう思っていたけれど、

いつだって一方通行なのだ。


去りゆくあの子は、

「女」としての自尊心を満たして、

どこか得意気に映る。


また補充しないといけないな……