非合理的なことに突き進む覚悟が必要なのかもしれない

f:id:tureture30:20191115061439j:image

 

効率的なシステムばかりを作り出す。

仕事も日常も、


できるだけ労力をかけないで、

コスパばかりを気にして、

アップデートを繰り返す。


そうして生きていると、

あるところで停滞感を感じてしまう。


成長しているはずなのに、

なんだか物足りない。


ハメを外しすぎてしまうと、

未成年に手を出して捕まる教師みたいに、

大変なことになってしまうけれど、

ある程度は日常を離れて、

コスパの悪いことに夢中になることも必要なのかな。


そういうことをしないから、

急に爆発してしまうのかもしれない。


スキマが必要、

それもスキマをつくるためのスキマではなくて、

心を満たしてあげるためのスキマが、


「心の隙間をお埋めします」


そう言われても、

こればっかりは誰かに頼ってはいけないのだ。

 

代わりのもので埋めたって、

それが代わりのものでしかないことを、

自分が一番わかっている。

 

心のスキマを感じて、

そのスキマを「生き様」ってやつに変えてあげないと、

いつまで経っても満たされないまま、

 

スキマを受け入れて、

それをバカンスに変えてあげられたならば、

人生の悩みの大半は解決したも同然、

 

「人はこの世に楽しむために生まれてきた」

 

いつでもどこでも、

逆境でも苦難の最中でも、

楽しくて楽しくて仕方がない。

そういう人は強い。


目的もなく雲でも眺めながらボーッとする。

当てもなくふらっと散歩でもする。

そういうことはしばらくしてこなかった気がするな。


なんだか考えることが多すぎて、

気持ちが落ち着かないのだろう。


出来ないことばかりに目を向けても仕方がない。

出来ていることだってたくさんある。


逃したチャンスに思いを巡らせる時間があるならば、

何も考えない時間を増やしたほうがいい。

それが次への活力につながるはずだから、


常に何かを考えていたら、

疲労を起こしてしまう。

何も考えないで脳を休ませてあげないと、


私は貝になりたい


なんだかそんなフレーズが浮かんだ。


でくのぼうになりたい。

でくのぼうでいいのだ。


周りのことなど気にすることなく、

やるべきことにだけ集中して、

ただ一生懸命に命を燃やす。


そういうものに私はなりたい。