婚活の目的

f:id:tureture30:20191116100516j:image

 

写真は一瞬を写し撮る。

その時の緊張や喜びを、

小さな四角い空間に閉じ込めて、

 


長い時間の中から、

ほんの一部だけを切り取った姿、

それがいつものその人とは限らない。

 


人の心は一瞬一瞬変わり続けている。

目まぐるしいほどに、

 


色んな表情があり、

色んな感情があり、

そして色んな環境がある。

 


ある場所では生き生きとしていても、

ある場所では暗くふさぎ込む。

 


ある人の前では明るく振る舞っても、

ある人のことは冷たくあしらう。

 


その時々でペルソナを使い分けて、

「自分」というものを演出する。

 


人生は劇だって言うけれど、

まさにそのとおりだ。

 

 

いつだって、

誰だって、

演じながら生きている。

 


「自分は何者なのか」

「自分の居場所はどこなのか」

 


それを問い続けることが人生なのかもしれない。

 


「加工はしてないよ。いい角度で撮っただけだから」

「何年か前の写真かな。私であることに変わりはないでしょ」

 


「写真詐欺ではない」

相手探しに躍起になるあまり、

そう主張する乙女たち、

 


そんなことをしたって、

会ってから傷つくだけだよ。

 


男は単純だから、

十中八九は容姿に期待して会う。

よほどでなければ、

性格は後からついてくるものなのだ。

 


「男だって加工しているでしょ」

 


男はきっと、

会ってからの話術とかで逆転できるのだ。

だけれども女性は無理、

それほど男は視覚に頼って生きている。

 


「写真と見た目が違う」

 


その一点が決勝点、

もちろん良い意味で違うのであれば話は別だけど、

 


何が書きたかったのかわからなくなってきたな。

 


「結局は会ってみないとわからない」

 


そうだ。

それが書きたかったのか。

 


会ってみても心の内なんてわからないのだけれど、

 


婚活って、

いっしょに幸せになる相手を見つけるためにするのかな。

 


それとも…

条件のいい異性を囲い込むためにするのかな。

 


すればするほどわからなくなる。