サボテン

f:id:tureture30:20191118064813j:image

 

「ほっといてくれ」

 


人を寄せ付けないようにって、

そんなにささくれて、

 


「痛い」

 


その声を聞くたびに、

本当は僕の心も痛いんだ。

 


「いたい」

 


本当はいっしょに居たい。

 


そんな気持ちを隠すために、

精一杯にささくれだって、

 


傷つけようなんて、

まったく思ってもいないのに、

この体のせいで傷つけてしまう。

 


大切な君を、

傷つけてしまう。

いつだって、

 


「居たい」

 


このささくれを引っ込めて、

その気持ちを素直に表現できたらな。

 


「痛い」

 


その声を聞くたびに、

そう思うんだ。

 


「手間がかからない」

 


それが人気の理由って言われるけれど、

ささくれながらも「構ってほしい」

いつもそう思っている。

 


「見た目だけで判断しないでよ」

 


本当はとても寂しがりや、

 


だから人目を引きたくて、

きれいな花を咲かせるんだ。

 

 

こんな見た目だから、

誰も触れてはくれないけれど、

 

 

僕をじっと見つめてくれる、

そのまなざしに触れたくて、

きれいな花を咲かせるんだ。

 

 

臆病をこじらせて、

こんな体になってしまったけれど、

君のぬくもりに触れたくて、