理想

f:id:tureture30:20191125072344j:image

 

 

相手に気に入られるために、

自分の立場を良くするために、

 


そういうところに動機を置いてしまうと、

大切な何かを置き去りにしてしまう。

 


どんどんどんどん先に進んで、

気が付くと大切なものが足りない。

 


生きるために必要だと思うものは、

全部カバンに詰め込んできたはずなのに、

 


何が足りないのかもわからないから、

結局はそれを探すために引き返すことになる。

 


進んだ分だけ骨が折れる。

時間も距離も離れてしまうから、

 


「大切な何か」

 


それを見つけたところで、

それを拾い上げるためにはその手は汚れすぎていた。

 


そのしつこい汚れは、

どんなにゴシゴシこすっても、

なかなか落ちてはくれないみたいだ。

 


だけれどもその真っ白な、

「大切な何か」を汚すわけにはいかないな。

 


そうしてそれを目の前にして、

結局は辿ってきた道を引き返すことになる。

 


「汚れてしまったな」

 


誰かがそうつぶやいた。

よく聞くと自分の声だった。