人生はどれだけ勇気を出したかで決まる

f:id:tureture30:20191126070054j:image

 

ある研究結果によると、

人は「できなかったこと」をできるようになった時、

云わば「成長」を実感した時にドーパミンが分泌されて、

喜びを感じるらしい。


「失敗は成功のもと」


よく言われることだけれども、

それは真理なのだろう。


だから成長するためには、

どれだけ失敗したかが大事、


もっと言えば、

どれだけ挑戦したかが大事、


だから勇気の数だけ、

人は成長できる。


壁はそれぞれ、

人によって違う。


当たり前のように恋人が途切れない人がいれば、

私のように10年以上も相手がいないこじらせ野郎もいる。


一部は才能もあるのかもしれないけれど、

得手不得手はこれまでの人生経験で決まるもの、


苦手な分野に取り組むには、

「勇気」が必要だ。


私は異性に興味を持つのが遅かったのかもしれない。


一番後先考えずに行動できる高校までは、

部活やゲームや漫画に夢中だった。


部活のマネージャーの先輩、

実験で同じ班だった同級生、

修学旅行で泣かせてしまったあの子、


異性に興味はあったけれども、

それを表に出すようなことはあまりなかった。


大学でデビューをして、

一度は相手ができたけれども、

苦い経験から苦手意識を持つようになった。


それからも色々あったほうだと思うけれども、

こじらせにこじらせを重ね続けて、

経験すらしないまま今に至る。


もはや手遅れかもしれない。

だけれども今が一番若い。


「勇気」を出して取り組むしかないのだ。


「結婚って本気になればいつかはできるもの」


アプローチを受けることはあるから、

漠然とそんな気がしていたけれど、

いざ取り組んでみると、

経験が不足しすぎていてどうにもならない。


そう感じた一年間、

もう12月、

最後に勇気を出してみるのも悪くはないのかもしれない。


前に進むために始めたブログだけれども、

どうやら長いこと停滞している。


出会いは重ねた。

デートの回数も重ねた。


もともと聞き上手で人たらし、

少なくともビジネスでは、


会うところまで行けば、

好意を引き出せる自信はある。


「勇気を出す」


それをできなくなってしまったら、

気持ちが傾きかけても、

その気持ちすら疑うことになる。


好きだから嫌われるのだ怖い。

好きだから何を差し置いても一緒にいる時間を優先したい。

好きだから共に将来を築きたい。


だから、

それには「勇気」が必要、

そういうものじゃないのかな。

 

だけれども、

仕事は経験を重ねることで、

効率良くできるようになっても、

恋愛は不器用なままでいたい。


「勇気」が「愛」に変わる。


恋愛ってそういうものなのかもしれない。


何が君の幸せ、

何をして生きるのか、

答えられないなんて、

そんなのは嫌だ。


「愛」と「勇気」だけが友達さ。


それってそういうことなのかな。

やなせたかしさん、