自分の言葉で話すということ

f:id:tureture30:20191127064020j:image

 

どこかで聞いたような言葉ばかりが溢れている。

その言葉で世相が作り出される。


「共感」によって自分をアップデートするならばいいけれども、

まるごとコピーして自分のものにしてしまう。


そういうことばかりしていると、

言葉が薄っぺらくなってしまう。


言葉には「覚悟」が必要、


そして言葉を発する人が思っているよりもずっと、

その「覚悟」の有無に聴衆は気がついている。


どこかにカンペでも出している人がいるの?

そんなテンプレ回答ばかりしていてさ。


本気でそう思っているの?

立場を守りたいだけじゃないのかな。


そうやってどんどん自分を殺していく。


「こうあるべき」だとか、

「こうでなければならない」とか、

そんなことにばかり縛られて、

気が付くとレールの上から抜け出せない。


私は一生懸命に生きている人が好きだ。

そしてそれを食い物にする人が死ぬほど嫌いだ。


立場はなくて、

周りから認められなくて、

もがき苦しんで生きている。

そういう人が本当の「人」なんじゃないかな。


敷かれたレールの上を、

レールが敷かれていることにすら気が付かないで、

得意気に「自分の人生」を気取って生きている。

それって誰かに生かされているだけなんじゃないかな。


それだけならばまだいいけれど、

誰かが言ったもっともらしい言葉を振りかざして、

それを矛にして誰かを傷つける。

それを盾にしてちっぽけな自尊心を怯えながら無様に守っている。


本当にそれでいいの?

自分の人生、本当にそれでいいの?


自分の言葉で話そうよ。

もがき苦しむ中で浮かんできたものが、

自分の言葉、


誰の言葉を引用する必要なんてない。

言葉に権威を結びつけてしまったら、

それはもう自分の言葉ではない。


ビジネスのテクニックとしては有効だけれども、

それを無闇に使いすぎると、

プライベートとの区別がつかなくなってしまう。


思うように動いてくれなくて、

どうしようもなく厄介なやつだけれども、

私は自分と心を大事にしたい。


そして、

誰に馬鹿にされたって、

そこから出た自分の言葉を大事にしたい。