侵食

f:id:tureture30:20191109233303j:image

 

痛みや苦しみではなくて、

漠然とした将来への不安、


そういうものが精神を蝕む。

気が付かないくらいの速度で、


理想と現実の間に佇む、

埋まらない距離、


それに気がついてしまったら最後、

徐々に汚染されていく。


気が付かないふりをしても、

埋める努力をしても、

ゆっくりと進んでいく。


変に高い理想を掲げすぎているのかな。

努力に見合わないくらいの、

大きな理想を、


何度もチャンスはあったのに、

指の間からすり抜けていった。


逃した一番大きなチャンスに固執し続けている。


そうすることでどんどん醜くなっている。

そんな自分に気がついているのに、


どんどんどんどん醜くなっていく。

気が付かないふりをして、


どこからが人で、

どこからが人じゃなくなってしまうのかな。