ネガティブストリーム

f:id:tureture30:20191203065752j:image

 

世の中には悲観的な報道が満ち溢れている。


数字を稼ぐためにあえてエキセントリックな方向に寄っていく。

偏向報道というやつ、


もはやそれが当たり前になりすぎて、

偏向報道であることにすら気が付かなくなる。


「世界は悪い方向に向かっている」


環境問題だとか、

凶悪事件だとか、

モラルの崩壊だとか、


たしかに一部でそういう事はあるのだろう。

だけれどもそれって昔からあることなんじゃないかな。


世界が近くなったから、

極端なレアケースが身近になっただけ、


それにも関わらず、

そんな報道ばかりが続くから、

「世界は悪い方向に向かっている」

そんな印象になる。


そうすると本当にそっちに引っ張られてしまうよ。

悪い方悪い方にばかり引っ張られてしまう。


いいことなんてほとんどないから、

ニュースを見たくないって人もいるんじゃないかな。


「人の不幸は甘い蜜」


野次馬根性にばかり磨きがかかって、

人を人とは思わなくなってしまうんじゃないかな。


画面の向こう側にいるのは、

自分の同じ生身の人間のはずなのにね。


「あれよりはマシだな」


そうやって大して満たされてなどいないから、

自分の現状に少しばかりの価値を付与する。


ネガティブな情報ばかりに触れていたら、

ネガティブな人間になるのは当たり前、


そうやって、

みんながネガティブなレールの上を進んでいく。

ネガティブであることにすら気が付かないで、

 

その先に待ち受けているものはなんだろう。


「自分さえ良ければいい」


自分が損をしないことに躍起になって、

叩きやすい対象を見つけては、

それを叩くことで自分が大物になった気になる。


1つ人をけなすたびに、

少し心がすり減ってしまう。


人を人と思わずに、

道具か何かと勘違いして、

どんどんどんどんすり減って、

気がつけばもう小さな欠片しか残っていない。

 

そのことに気がついたとしても、
あとはもう、残ったその欠片を大事にして、

残りの時間を生きながらえるしかないのかな。


「連戦連勝!破竹の勢い!」


昔はそうやって洗脳してきたけれど、

今は逆の意味で「将来への不安」を煽って、

数字を稼ぐために洗脳しているのかな。


「ネガティブストリーム」


もはやこの流れを止めることは出来ないのか。

 

人も少しずつ進化しているみたいだけど、

人の心ってこれからどうなってしまうのだろう。

 

引きずられないように、

強い心を持ちたい。