手っ取り早く幸福度を上げる方法

f:id:tureture30:20191205065702j:image

 

手っ取り早く幸福度を上げたいならば、

「恋愛」をすればいいらしい。


だけれども恋愛って、

しようと思ってできるものなのかな。


婚活している私が言うのもなんだけど、

いくらこういう出会いを重ねても、

「条件」でいいと思う人はいても、

恋愛に発展することはほとんどない。

 

おそらくそれは女性の方がもっとシビアだろう。


だから思い込む。

関係がうまくいきそうになると、

「自分はこの人のことが好きなのかも」って、


好意の返報性ってやつ、


人は不安には勝てないから、

それを解消してくれそうな相手が目の前に現れると、

その優しさにしがみついてしまう。


お互いが自立していればいい。

水を与えあって互いに心を育てることができるから、


だけれども、

二人の愛を天秤にかけたときに、

どちらかに大きく傾くようならば気をつけなければならない。


「恋に恋している」


自己承認欲求を満たすために、

恋愛の虜になっているのかもしれない。


時間をかけてゆっくりと、

気がついたらお互いがお互いを意識していて、

自然と関係が深まる。


何気ないタイミングで、

ふと口をついて出た一言から結ばれる。


そういうのが理想だけれども、

出会いを求めているうちはそうはならないかな。

 

相手を求めることばかりが先行して、

人と関係を深めることを後回しにして、

「結婚相手」としてしか女性を見ない。


そういうことを続けているな。


前はもっと自然に女性と接していたはずなのに、

これでは結婚に近づいているのか遠ざかっているのかわからない。


バカみたい。


「恋愛を経て結婚したい」


そう思っているけれど、

条件にばかり引きづられて、

白か黒でしか相手を判断しない。


そういうものに染まってしまったな。


「自然と女性を好きになる」


そういうことって、

もう経験できないのかな。

 

誰かに恋をする。

それだけで世界は色づく。

輝いて見える。

 

それを否定はしないけれども、

いくら恋に恋したところで、

幸福度は上がらないのだ。

 

結婚したい病にかかってしまったら手遅れ、

妙齢の女性がみんな「結婚相手の候補」にしか見えなくなる。