カタログスペック

f:id:tureture30:20191206070006j:image

 

目に見える魅力がある。


容姿やら、

年収やら、

職業やら、


目に見えない魅力がある。


性格やら、

雰囲気やら、

相性やら、


男も女も、

目に見える魅力にばかりこだわっている。

それが手っ取り早く相手を評価できるから、


コスパが求められるようになった時代、

時間は貴重な資源、


そういう考えに偏って、

相手を探すことにすらコスパを求めるようになる。


便利になればなるほど、

心の距離は離れる一方だ。


顔を合わせたこともない。

声を聞いたこともない。


知っているのは、

文字のやり取りから得た情報と、

カタログスペックだけ、


それが入り口なものだから、

本当に素敵な人を取り逃しているんじゃないかな。


恋をするために恋するところから始まって、

最後は結婚するために結婚して、


「彼氏いるの?」

「彼女いるの?」

「結婚してるの?」

「子供はいるの?」

「旦那さんの職業は?」

「奥さんの年齢は?」


結局は人って、

自分のカタログスペックを上げるために、

そのために経験を積みたがるのかな。


「それが普通だから」

「人からよく見られたいから」

「余り物だと思われたくないから」


私が女性に求める条件だって、

結局は自分を飾るためのものなのかな。


幸せってなんだろう。

幸せって損をしないことなのかな。

幸せって人より優れていることなのかな。


「カタログスペック」


ほどほどにアプローチを受けるくらいだから、

私のそれはきっと悪くはないのだろう。


だけれどもきっと、

それを手放したら、

多くの女性からは見向きもされない。

少なくとも画面越しの出会いでは、


大切な人のぬくもりや、

大切な人と重ねる時間や、

大切な人との間に授かる宝物、


そういうのって、

カタログスペックなしには手に入らないものなのかな。


人間の本質ってなんだろう。

婚活をすればするほどわからなくなる。


やり取りしているこの人は、

私の何を求めてやり取りをしているのだろう。


「優しくて、仕事熱心で、話を聞いてくれるところ」

そういうところが素敵だと思っていました。


少し前に会った女性からは、

最後にそういうことを言われたけれど、

それって本当に私のことなのかな。


ある程度場数を踏んでいれば、

そう見せることくらい難しくはないんじゃないかな。


「誰にでも優しい人ってのはね。

裏を返せば他人に興味のない人なんだよ」


誰かがそう言っていたな。


なんだか自分がわからなくなる。


欠落感を埋めるために、

相手を探しているだけなのかな。


条件さえ良ければ、別に誰でもいいのだ。


クズみたい。

嫌いなクソ女と同じ、


私もクソ男なのだな。