カタチだけのありがとう

f:id:tureture30:20191213070437j:image

 

「ありがとう」


自然と口をつくようにその言葉が出るようになった。


だけれども自然になればなるほどに、

その言葉に気持ちがこもらなくなる。


本当に感謝しているのかな。

カタチだけじゃないのかな。

言葉を自分を飾るための道具にしていないかな。


どう振る舞えばうまく関係を築けるか。


経験を積めば積むほどに、

そういうことばかりうまくなって、

その作業が当たり前のようになっていくけれど、

気持ちがこもっていなければ、

それはただのテクニック、


「ありがとう」

「本当にありがとう」


今まで蔑ろにしていたくせに、

急に媚びるように態度を変える人、

そういう人が周りにいるならば気をつけたほうが良い。

きっと何かしらの意図があるはずだから、


カタチだけの言葉に騙されてはいけない。


いくら良い人に見えたって、

良い言葉を使っていたって、

心のうちまではわからない。


「人を道具のように見てしまう」


そういうことって生きていればどこかで必ずあるけれど、

それに葛藤しながら生きていない人は、

詰まるところ自分かわいさに平気で人を切り捨てる。


自分の立場のため、

自分の環境のため、

自分の将来のため、

結局は人を利用しているのだ。


心のこもった言葉、


それはもしかしたら聞きたくないような、

言われたくないような、

きつい言葉かもしれない。


だけれども、

そこに心がこもっているかどうか、

それを見定められるようにはなりたいな。


人は自分に都合のいいことを聞き、

都合の良い人と付き合い、

都合のいいことばかりをかき集める。


そうやって自分の存在意義を肯定する。

存在意義を失うくらいなら悪魔にだって魂を売るのだ。


ゲーテファウスト

「時よ止まれ 汝は美しい」


最後の最後にそう思える人生って、

一生のうちに自分の存在意義を打ち立てた先にあるのかな。


何のために生まれて

何をして生きるのか、

答えられないなんてそんなのは嫌だ。


心から笑って、

心から悲しんで、

心の底から出た言葉を紡いで、

今を生きる。


誰かから与えてもらうものではない。

その中で自分の存在意義って見出だせるものなのかな。